エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMK痩身コラム

痩身後の運動はOK?どんな運動なら痩身効果を高められる?

痩身エステで施術をした後は「運動すると、より効果を高められる」と言われていますよね?でも、痩身エステは、施術をした後にさまざまな制限があることでも知られています。実際のところはどうなのでしょうか。今回の記事でご紹介していきます。

痩身後の運動はOK?

痩身エステで施術をした後は「食事を控える」「水分を多くとる」などの制約が多いですよね。ここで気になるのが「運動はどうなの?」ということではないでしょうか。結論からお話しすると、痩身後は運動しても問題ありません。むしろ、運動方法によっては痩身効果をより高めることができるのです。

なぜ、痩身後の運動が効果的なのか。それは、施術後はカラダが痩せやすい状態になっているからです。実は、痩身エステで施術を受けた後は、メニューにもよりますが、血行や代謝が促進され、脂肪が燃焼しやすいカラダになっています。つまり、普段の体の状態と比較すると痩せやすい状態ということになります。

すると、カラダの状態が通常の時に運動するよりも、体内にある余分な脂肪や老廃物が排出されやすくなります。また、消費カロリーも高くなり、脂肪の燃焼効果をより高めることが期待できます。そのため、痩身の施術後は運動した方が良いと言われるのです。

痩身効果を高められる運動とは?

より高い痩身効果を目指すのなら、施術に加えて運動を取り入れるべきですが、実際にカラダを動かす時にはコツがあります。ここでは、痩身効果を高められる運動とともに、カラダを動かす時のコツをご紹介します。

まず、どのような運動が良いかというと「有酸素運動」です。そして、有酸素運動の中でも主に以下の方法がオススメとなります。

・ウォーキング
・水泳

運動する時のコツとしては、呼吸が少し早くなる程度にカラダを動かすことです。脂肪の燃焼効果は、最大心拍数の60%くらいが理想と言われていますので、この数値を目安にカラダを動かすようにしましょう。決して、激しく呼吸が乱れるほどカラダを動かさないようにしてください。

無理にカラダを動かすことによって、最大心拍数の85%を超えると、無酸素運動となってしまいます。無酸素運動は、糖質がエネルギー源となるため、脂肪の燃焼効果はそれほど見込めません。

そのため、ウォーキングは普段よりも気持ち早くする程度にして、水泳はゆっくり泳ぐか水中ウォーキングをオススメします。

運動することのデメリットはある?

施術後の運動は痩身効果を高めるというメリットをもたらします。一方で、運動することのデメリットはあるのでしょうか。この点については、主に2つ挙げられます。

運動した後に食べ過ぎてしまう可能性がある

痩身エステの施術の後は、空腹を感じることが多いようです。さらに運動を行うことによってカラダを動かし終わった後は、空腹感がさらに増していることでしょう。ここでお腹いっぱいまで食事をしてしまうと、カロリー過多によってせっかくの運動効果も意味がなくなってしまいますので、気を付けるようにしましょう。

脱水症状になる可能性がある

痩身エステの後は代謝も良くなっています。代謝が良いということは、汗をかきやすくなっている状態であるということです。そのため運動で無理をしてしまうと、汗をかきすぎてしまい、最悪の場合脱水症状を起こす可能性もあります。運動の合間にしっかり水分を摂取するなどし、少しでも体調に異変を感じたら無理せず休息することをオススメします。

まとめ

痩身エステで施術をした後のカラダは、脂肪の燃焼効果が促進されるなど、痩せやすい状態となっています。このときに運動を取り入れることによって、痩身効果をより期待することができます。

by pmkpmk|2018.8.30|痩身エステの知識

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。