エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

クーパー靭帯を構成する成分と強化の方法とは?

びん

クーパー靭帯の主成分はコラーゲンです

バストの中の組織であるクーパー靭帯とは、バストアップについて調べているときによく耳にする言葉です。
クーパー靭帯とは、バストの形を支えるために不可欠な役割を果たしています。
この組織のおかげで、張りと丸みのあるバストを保つことができているのです。
バストの形を守るためには、クーパー靭帯が損傷しないようにいたわることが大切です。

クーパー靭帯とバストの仕組み

まずは、クーパー靭帯を始めとしてバストの仕組みを見ていきましょう。
バストがどのようにして支えられているか、また形が崩れてしまう理由を知ることができます。
バストは繊細で複雑な構造を持っています。

バストを構成している仕組み

バストの中には複数の乳腺があり、その周りに脂肪組織があります。
乳腺は妊娠・出産によって発達し、乳管を通して乳汁を出します。
そして、その乳腺を支えているのがクーパー靭帯です。
クーパー靭帯の主成分は、肌の張りやつやを保つための成分としても知られているコラーゲンです。
コラーゲンが繊維を作り出し、それが束になってクーパー靭帯となっているのです。

クーパー靭帯の性質とは?

クーパー靭帯は大胸筋や皮膚とつながっており、複数の乳腺を支えています。
主成分はコラーゲンで、バストの張りやつやを保つために一役買っているのです。
このクーパー靭帯は伸縮性があるもので、重力などの負担がかかると伸びますし、あまり伸びすぎると切れてしまうこともあります。
それによって乳腺を支えきれなくなり、バストが垂れたり離れたりといった崩れが起きてしまうのです。
コラーゲンを主成分としているクーパー靭帯は、一度伸びたり切れたりすると修復できないとされています。

クーパー靭帯を強化する方法はある?

バストが垂れたり離れたりなど、形が崩れてしまうのは、クーパー靭帯が何らかの原因で損傷してしまったことによるものです。
クーパー靭帯は修復することができませんが、クーパー靭帯を強化したり保護したりすることでバストの崩れを防ぐことはできます。

コラーゲンを含んだサプリを飲む

バストアップに効果があると言われているサプリはたくさん販売されています。
そのサプリには、クーパー靭帯の主成分であるコラーゲンや女性ホルモンの働きをスムーズにするプエラリアなどを含んだものが多くあります。
良質なコラーゲンを摂取することでクーパー靭帯に必要なコラーゲンの生成につながりますし、プエラリアなどで女性ホルモンの働きを活発にすることで、乳腺の発達を促して張りとつやのあるバストに導いてくれるのです。
これらの有効成分をバストに届かせるためには、バスト周りの血液やリンパの流れをよくするためにバランスのよい食事や運動をするのもおすすめです。

エステで行われている光豊胸を受ける

エステサロンで豊胸の施術を行っているところの中では、光豊胸とよばれるいう技術を導入しているところがあります。
光豊胸とは、近赤外線をバストに照射することによって、クーパー靭帯の成分であるコラーゲンの生成を助けたり、脂肪細胞を大きくしたりといった効果をもたらします。
クーパー靭帯のことで言うと、コラーゲンの生成が促進されることでクーパー靭帯が強化され、バストの張りを取り戻すことができるわけです。

マッサージや筋トレでクーパー靭帯を守ろう

クーパー靭帯を強化する方法は上記で挙げましたが、普段から負担をかけないように守ることも大切です。
そのためには、バスト周りの血流やリンパの流れをよくするマッサージや大胸筋などを鍛える筋トレがおすすめです。

優しくマッサージをする

バストマッサージの方法はたくさん紹介されていますが、バストアップしたいあまりに強くやりすぎてしまうと、逆にクーパー靭帯を傷つけてバストの崩れの原因になってしまいます。
クーパー靭帯の損傷を防ぎ、血流やリンパの流れをスムーズにするマッサージは、優しく丁寧に行うのがポイントです。
アンダーバストをゆっくりと体の中心に向かって持ちあげるマッサージや、両腋から肉をバストに集めるように行うマッサージ、また腋からバスト上まで円を描くように行うマッサージなどで、血流やリンパの流れがよくなり、バストにコラーゲンなどの栄養が行きわたりやすくなります。

大胸筋や小胸筋を鍛える筋トレをする

クーパー靭帯とつながり、バストの土台となっている大胸筋という筋肉があります。
そして、肋骨から肩甲骨までをつないでバストを吊り上げるように位置しているのが小胸筋です。
これらを鍛えることでバストアップにつながるほか、クーパー靭帯の損傷を防いで守ることができるようになります。
肩を大きく回すだけでも大胸筋のトレーニングになりますし、また胸の前で合掌して押し合う運動や、両肘を上げてくっつけたり離したりといった運動も筋肉を鍛えるのに効果的です。

(まとめ)クーパー靭帯を構成する成分と強化の方法とは?

1.クーパー靭帯の主成分はコラーゲンです

バストが上向きの状態を保てるのは、クーパー靭帯という組織のおかげです。
クーパー靭帯の主成分はコラーゲンですから、強化するにはコラーゲンの生成などが大切です。

2.クーパー靭帯とバストの仕組み

バストの中には乳腺があり、妊娠・出産時には乳腺が発達して乳管を通して乳汁を出します。
この乳腺を支えているのがクーパー靭帯で、主成分をコラーゲンとする繊維の束です。
伸縮性があるこの組織は伸びたり切れたりしやすく、修復することができません。

3.クーパー靭帯を強化する方法はある?

クーパー靭帯はいったん損傷すると修復できませんが、強化する方法はあります。
良質なコラーゲンを含むサプリを飲んだり、エステサロンの光豊胸の施術を受けたりすることで、主成分であるコラーゲンの生成を助けてクーパー靭帯を強化できます。

4.マッサージや筋トレでクーパー靭帯を守ろう

クーパー靭帯を守る方法には、優しくマッサージをしたり胸周りの筋肉を鍛える筋トレをしたりといった方法が有効です。
マッサージはクーパー靭帯を傷めないように優しく行い、筋トレは簡単な方法で正しく行うだけで効果があります。

by PMK-Management|2016.4.23|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。