エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMK痩身コラム

痩身エステに行った後は食事NG!食べてはいけない理由とは

近年、人気が高まりつつある痩身エステ、みなさんの中にも一度くらいは受けたことがあるという方が多いのではないでしょうか。痩身エステでより効果的に痩せたいという人は痩身エステ後の食事に配慮しなければなりません。

実は痩身エステ直後の食事はNGなのです。今回はそのNGの理由や、施術前後の適切な過ごし方についてご紹介しますね。

痩身エステ後の食事がNGって本当?

痩身エステを受けた方はすでに感じたことがあるかと思いますが、施術を受けた後は運動などしていないのにも関わらず体力を消費してしまうので、空腹感を感じる方が多いです。そのため、「痩身エステを受けたし少しくらい多く食べても大丈夫!」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、痩身エステの施術後2~3時間、ノンカロリーの水や無糖のお茶などを除いて食事は原則NGなのです。それは施術を受けることで「リンパの流れや血行を改善することで代謝が上がり、痩せやすく、また同時に栄養を吸収しやすい状態」になっているからです。

代謝が良くなると痩せやすくなると同時に栄養やカロリーも吸収しやすくなるので、太りやすい体質にもなってしまっているということです。そのため、普段と同じ量の食事を取っても、痩身エステ直後では栄養やカロリーの吸収率は非常に高くなってしまいます。せっかく痩身エステの施術を受けたのに、いつもよりも多く吸収してしまってはあまり意味が無いですよね。

より望ましい食事はどんなもの?

上記した施術後2~3時間を過ぎても、普段より代謝が良くなっていることに変わりはありません。では、より望ましい食事はどのようなものなのでしょうか。

摂取カロリー数に関しては、個人差はありますが、施術後3~4日間は脂肪が燃えやすく痩せやすい状態なので、成人女性の場合、1日の摂取カロリーを1200~1500キロカロリー程度に抑えるのが望ましいでしょう。

これは成人女性の基礎代謝と同じくらいのエネルギー量です。基礎代謝は何もしていなくても消費される分なので、それに加えて歩くなどの軽い運動をすればより高い痩身効果を得られるはずですよ。

では、具体的な食事内容はどのようなものが適切なのでしょうか。この場合、低カロリーかつ高タンパクの食事を適度に取ることが重要なので、例えば鶏肉をメインにした料理がふさわしいでしょう。また、小腹がすいたら間食にドライフルーツやナッツ類を取り入れても良いでしょう。いずれも栄養価が高く、肌や髪をより良い状態で保つことができることもメリットとして挙げられますよ。

上手に痩身エステを受けるためには?

痩身エステを受けた後の食事でもう一つ欠かせない注意点が水分をたっぷり補給することでしょう。そうすることで分解した脂肪を体外に排出する手助けになりますし、脂肪の燃焼の補助の役割も果たしてくれます。もちろん前述の通り、ノンカロリーの水か無糖のお茶にしましょう。

また、痩身エステをちょうどご飯時に受ける際、いつ食べるべきか悩んでしまう方もいらっしゃいますよね。その場合はできれば施術の1時間以上前に食べることが望ましいでしょう。ご飯を我慢して食べずにいると施術中に気分が悪くなってしまうかもしれません。

しかし、痩身エステのコースによってはお腹周りを刺激するものもあり、施術前の食事が推奨されていない場合もあるので、ご飯時に施術を受ける際には必ず食事のタイミングをサロンに確認してくださいね。

まとめ

痩身エステはただ施術を受ければ良いだけではなく、代謝の改善の影響で施術後2~3時間は食事を控えなければならないなど、注意すべき点もあります。また、それ以降の時間もより高い効果を期待するため、カロリー数や栄養のバランスにも配慮する必要があります。

気を払わなければいけない点は多いですが、その分痩身効果の期待値も高まりますので、痩身エステを受けた方は以上のことには十分注意して、エステの痩身効果をより強く実感してくださいね。

by pmkpmk|2018.5.15|痩身エステの知識

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。