キャビテーション| 痩身エステでダイエットするならエステサロンPMK

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

キャビテーション

コラム

コラム

どうして痛みを感じにくい?

キャビテーションは超音波によって脂肪やセルライトの分解を目指すものです。脂肪を吸引したり、マッサージで強く揉みほぐしたりする施術ではありません。キャビテーションが「痛みのリスクが少ない施術」と言われる理由はここにあります。 また、キャビテーションは副作用が出にくいマシンとしても知られています。人によってはキャビテーションに不快感を持ってしまうこともありますが、リスクと言っても基本的にはそれくらい。大きなトラブルにつながるような副作用がないところもまたキャビテーションの魅力なのです。

効果をより高めるためには?

キャビテーションをあてると、1週間~2週間ほど体は痩せやすい状態になります。この状態のときに運動を取り入れると、より高い効果を期待できます。運動はウォーキングやヨガなどの有酸素運動がおすすめ。ランニングなど激しい運動は辛く、長続きしにくいので、軽い有酸素運動を続けることを意識しましょう。 また、施術後の食事に気をつけることも大切です。キャビテーションを体にあてたあとは2時間~3時間、血行が促されます。このとき、食事を取ると余分なカロリーまで吸収してしまう可能性があります。空腹を満たしたいときは、いつから食事を取っていいのかエステティシャンに相談することをおすすめします。

適切なマッサージが必要

キャビテーションは脂肪やセルライトの分解に効果的なマシンです。しかし、スリムアップするためにはキャビテーションで分解した脂肪やセルライトをマッサージで外に排出しなければなりません。このマッサージが誤った方法では、体を理想の状態にすることは難しくなります。 なかには自己エステでキャビテーションを取り入れようと思っている方もいるかもしれません。ですが、そうした方によく見られるのが「分解した脂肪やセルライトをうまく排出できない」ということです。これは、キャビテーションのあとのマッサージが適切な方法でできていないことが原因として挙げられます。PMKでは、キャビテーションのあとにプロのエステティシャンによるハンドマッサージを実施。やさしいハンドの気持ちよさを感じながら、効率的にキャビテーションで分解した脂肪とセルライトの排出を促せます。

どれくらいで効果を実感できる?

基本的にキャビテーションによる効果を得るためには、施術を継続しなければなりません。また、効果を得られる回数も人によって異なるため、一概に何回通えば効果を実感できるとは言えません。ですが、なるべく早く効果を得たいのなら、週に1回~2回のペースでキャビテーションをあてることがおすすめです。 このペースで施術を受けることが難しい場合は、2週間に1回でも構いません。とにかく1回施術をしただけで効果を得ることはできないので、定期的にエステサロンに通いキャビテーションをあてるようにしましょう。

PMKとクリニックの違い

キャビテーションはクリニックでも受けることができます。ですが、クリニックではキャビテーションの施術後、リンパマッサージなどを行なわないで終わってしまうことがあります。一方、PMKではキャビテーションのあとのマッサージがコースとして組み込まれています。まず、ここがPMKとクリニックの違いとして挙げられます。 また、通いやすさという点でも違いがあります。クリニックは、基本的にそれほど遅くまで診療していません。そのため、仕事などがある日は通うことが難しい場合があります。ですが、PMKは比較的遅くまで営業しているので、仕事が終わったあとでも通うことができます。ほかにも、施術空間や費用、アフターケアなどの部分で、この2つは異なるところが多いです。

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話からお気軽に。