エステサロンとクリニックの違い | フェイシャルエステならエステサロンPMK

トータルエステPMK メニュー▼

フェイシャルエステのエステサロンとクリニックの違い │フェイシャルエステならPMK

エステサロンとクリニックは何が違う?

どちらを利用するほうがメリットがあるの?

お肌のお悩みに対応してくれるエステサロンとクリニック。どちらを選んだらいいのか迷われている方も多いのではないでしょうか? その答えは「どのような結果を求めたいのか」によって変わります。
エステサロンとクリニックとでは、肌のお悩みやトラブルへのアプローチ方法が異なるため、おのずと結果も異なってきます。ニキビケアを例として、両者の違いを見ていきましょう。

エステサロンとクリニックのアプローチ方法

エステサロンとクリニックのアプローチ方法

エステサロン(PMKの場合) クリニック
治療方法 肌の炎症を鎮め、余分な皮脂を分解する効果のある美容成分を肌に浸透させる方法。 主にニキビの原因菌による炎症を抑える薬を使用した治療法。
治療効果 肌質改善:ニキビによる炎症を抑えるとともに、ニキビができにくい肌質へと改善していく。 対症療法:ニキビによる赤みや腫れなどの症状をなくす。


クリニックが処方する薬剤は、市販のニキビ薬と比べて効果が強く出るものを使用しています。肌の炎症を抑えることができる反面、少なからず肌へ負担を与えてしまいます。ニキビによってすでに弱っている肌にさらにダメージを与えるケアでは、一時的にニキビは治っても肌の状態は改善されていないのでまたすぐに肌トラブルを起こしてしまうでしょう。

PMKはAEA(日本エステティック業協会)加盟サロンです。AEA資格を持った上級スタッフも多数在籍しており、技術力にも自信があります。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話からお気軽に。