CSRの取り組み | ワンランク上の総合エステティックサロン

トータルエステPMK メニュー▼

CSRの取り組み

エステ業界に女性の働き方改革を

女性が長く働ける業界をPMKから始めます

近年、女性が長く活躍出来る社会への取り組みを大企業を中心に多くの企業が行っております。しかしながら、まだまだ実態は男性や未婚の女性にフォローを強いることで保っている話をよく伺います。
ただ周囲に協力してもらうだけでは真の女性の活躍はあり得ない―。
PMKメディカルラボでは、エステサロンの運営という特色上、多くの社員が女性で構成されています。ほぼ女性ばかりの職場において、あえて「女性活躍推進」に取り組むことは社会的意義はもちろん、社員一人ひとりの幸せを考えるうえで大切なことであるとPMKは考えます。

そこで2017年10月、現場の女性目線で、より女性が長く活躍していくための行動計画を策定いたしました。

行動計画行動計画

すべての女性が管理職を目指せる環境づくり

  1. 計画期間
    平成29年10月1日~平成31年9月30日
  2. 弊社の課題
    • 管理職(デュアルディレクター以上)を目指そうと考える女性が少ない
    • 管理職に占める女性割合が低い
    • 育休から復帰した時間制約のある女性が、出産後の能力発揮・キャリア形成が困難となっている
  3. 内容
    • 目標1:管理職に占める女性割合を10%以上にする。(18人)現11人
      【取組内容】
      • 平成29年10月~
        ・自社の管理職について、アンケートの実施
      • 平成30年12月~
        ・理想とする管理職について、アンケートの結果を元に上層部で改善点等も含めて話し合い
        ・社員を分析/把握し、適正に応じ個々の社員に実際の業務上での役割と責任を与え課題に取り組ませることにより、管理職に登用すべき人財の発掘、育成を図る。
      • 平成30年4月~
        ・管理職像を明確に示す
      • 平成30年4月~
        ・今後のキャリアについて本人の希望と目標のすりあわせ(面談)
        ・管理職候補とした人財に対して、有効な研修やセミナーを積極的に受講を促し、意識の向上とスキルアップを促す。
      • 平成30年12月~
        ・活動のまとめと今後の課題の洗い出し
    • 目標2: 育休取得者を対象とした復帰研修を100%実施し、マミートラック現象にならないように、キャリアコースを作成し選択の幅を広げ実施。
      【取組内容】
      • 平成29年10月~
      • ・短時間勤務制度の見直し
        ・出産後のキャリア形成がしやすいように時短勤務でのキャリアを積める働き方の提案
        ・育児休業の取得経験が不利にならない評価制度や昇進・昇格基準の制定
      • 平成30年11月~
      • ・制度実施・社内周知の徹底
      • 平成30年4月~
      • ・活動のまとめと今後の課題の洗い出し

    • 以上

PMKはAEA(日本エステティック業協会)加盟サロンです。AEA資格を持った上級スタッフも多数在籍しており、技術力にも自信があります。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話からお気軽に。