エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

トータルエステPMK メニュー▼

PMKインフォメーション

豊胸手術をした場合に年をとったら出てくる問題とは?

横向きに寝る女性

不自然になってしまう場合が多い

豊胸手術でバストにシリコンバッグを入れた場合、年をとったら見かけが不自然になってしまうことが多いです。
なぜなら、年を取ったらどうしても皮下脂肪や筋肉が柔らかく、薄くなりますね。
それなのにシリコンバッグはそのままなのです。
豊胸したバストが不自然に浮き立ってしまうのは簡単に想像できることです。

豊胸がバレないか心配になる

豊胸手術は若い人が受けるもの、と思っていませんか?でも実際には、豊胸手術を受けるのは30代、40代の女性が多いのです。女性はいつまでもキレイでいたい、と思うものですね。

30代に差し掛かると、バストを含めお肌のコラーゲンが減少してくるため、バストは下がり気味になるものです。
それをシリコンバッグで持ち上げたい、という女性が多いです。

しかし、お肌の状態はどうしても年々変化します。
豊胸手術には成功しても、お肌が変化するにつれてシリコンバッグが不自然に見えてしまう可能性が大きくなります。

また、シリコンバッグをその位置にとどめておくことができず、バッグ自体が下に下がってきてしまうこともあります。

そういうわけで、豊胸手術をした女性たちの悩みとして多いのは、豊胸がバレないかいつも心配、ということです。
この心配は、手術から時が経てば経つほど大きくなっていきます。
バストサイズが小さい、という悩みを解決しようとして豊胸手術をしても、悩みの種類が変わるだけで、また別の悩みが出てきてしまうような気がしますね。

シリコンバッグにも寿命がある

若いうちに豊胸手術を受ければ数十年は大きなバストを楽しめる、と思っても、そういうわけにはいかないようです。
長持ちするといわれる豊胸バッグで豊胸した場合でも、バッグの寿命は10年程度と言われています。

シリコンバッグは老朽化すると、破損したり収縮したり、石灰化してしまったり変形してしまったりします。
破損してバッグの中身が体内に流れ出してしまうこともあり、場合によっては危険が伴います。
さらに、シリコンバッグが収まるスペースが小さ目だと、何かの拍子にバッグの角が折れ曲がってしまうことがあり、バストの表面がデコボコしてしまうこともあります。

こうしたことが起こると、年をとったら云々ではなく年齢には関係なくシリコンバッグの交換が必要になることでしょう。
また、高い金額を支払って手術しても、術後の痛みにも耐えなければならないのです。
いちど豊胸手術を受けてしまうと、いつかまた手術が必要になるということですね。
豊胸手術について考えるなら、あとあとのことも計算に入れておかなければなりません。

年をとってもバストアップはできるの?

いつまでもキレイでいたいと思うのが女性です。
豊胸手術のことを考えているのも、女性としての魅力を維持したいと思うからでしょう。
30代、40代でのバストアップは難しいと思ってしまうと、よけいに豊胸手術に頼りたくなるかもしれません。

でも、40代でもバストアップは可能です。
生理が来ている以上は女性ホルモンが正しく分泌されているということであり、女性ホルモンが分泌されていれば乳腺の発達が期待できるということです。
肝心なのは、いかに効果的に乳腺を刺激して発達を促せるかということ。

バストアップエステでプロにマッサージしてもらえば、自分では力を入れにくいところもしっかりとマッサージでき、効果的に乳腺を刺激することができます。
また、自分でのバストアップには限界がありますが、エステなら特殊なマシーンでの施術も受けられます。

自分のバストを自然に大きくできれば、豊胸手術に伴ういろいろな問題を回避できます。
年をとったらバストが不自然になってしまうかも…、なんていう悩みとは無縁です。
もうバストアップはムリだとあきらめてしまう前に、いちどバストアップエステを試してみましょう。

(まとめ)豊胸手術をした場合に年をとったら出てくる問題とは?

1.不自然になってしまう場合が多い

年をとったら皮下脂肪や筋肉は薄くなる傾向にあります。
しかし、豊胸手術で挿入したシリコンバッグはそのままの状態ですから、見かけは当然不自然な状態になってしまいます。

2.豊胸がバレないか心配になる

お肌の状態は年々変化するため、豊胸手術で挿入したシリコンバッグを体にフィットさせておくことは困難です。
シリコンバッグが下がってきてしまったり、皮膚からくっきり浮き出てしまったりすることもあり、他人にバレないか心配になるものです。

3.シリコンバッグにも寿命がある

シリコンバッグの寿命は10年と言われています。
年齢に関係なく、豊胸バッグの寿命が来たなら交換しなければなりません。
稀なことですが、シリコンバッグの老朽化により中身が流れ出てしまうなどの危険もあります。

4.年をとってもバストアップはできるの?

40代でのバストアップは不可能だと思うと、豊胸手術に頼りたくもなるかもしれません。
でも、40代でもバストアップはできます。
バストアップエステでプロに施術してもらいましょう。

by PMK-Management|2016.5.13|豊胸手術の危険性

PMKはAEA(日本エステティック業協会)加盟サロンです。AEA資格を持った上級スタッフも多数在籍しており、技術力にも自信があります。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話からお気軽に。