エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

トータルエステPMK メニュー▼

PMKインフォメーション

豊胸手術後に形が崩れてしまうことってある?

陳列されたバストアップブラジャー

豊胸手術の後に形が崩れることもある

豊胸手術に成功しても、時経つうちにバストの形が崩れてしまうことがあります。
シリコンバッグによる豊胸は、比較的形が保たれやすいですが、年齢による肌の変化と共にシリコンバッグ自体の位置が下がってしまったり、バッグが破損してバストがしぼんだりしてしまうこともあります。

シリコンバッグの挿入後形が崩れる原因は?

シリコンバッグは比較的バストの形を保ちやすい豊胸手術ですが、物質である以上どうしても老朽化します。
シリコンバッグの寿命は10年と言われており、その期間が近づいているなら特に注意が必要です。
また、中には手術後それほど経っていないのに破損してしまうこともあります。

シリコンバッグは老朽化して破損すると、バスト内で中身が流れ出てしまうことがあります。
さわり心地のよいジェルタイプのバッグだと、中身が簡単に流れてしまうので、すぐに手術をして取り出す必要があります。

また、シリコンバッグはバストの中で角が折れ曲がってしまったり、しこりができてしまったりすることもあり、そうなればバストの形が崩れるにとどまらず、表面がデコボコしてしまうこともあります。

さらに、シリコンバッグの表面に形成される膜が分厚くなって収縮を始めると、シリコンバッグが締め付けられて硬くなってしまうことがあります。
こうなると、バストの形は残念ながら徐々に不自然になってしまいます。

脂肪注入やヒアルロン酸注入による豊胸の場合は?

脂肪注入やヒアルロン酸注入による豊胸は、施術後時間の経過とともに分解し、体内に吸収されるため、バストは徐々にしぼんでいくのが普通です。
単にしぼんでもとに戻るだけなら問題はないのですが、豊胸手術が原因でバストの形が崩れてしまうことも…。

しこりや石灰化

脂肪やヒアルロン酸をバストに注入すると、身体に備わった防御反応により異物を体から隔離しようと、薄い膜を作ることがあります。
この膜が必要以上に分厚くなり、硬くなるとしこりになってしまいます。
しこりができれば、バストの形が崩れるだけでなく、見た目がボコボコしてしまうという問題が出てきます。

また、脂肪注入の場合に多いのですが、バスト内の脂肪が壊死してしこりができると、石灰化して石のように硬くなってしまうことがあるのです。
脂肪を点在させて注入し、これが万が一石灰化してしまうと、除去するのは一苦労です。

しぼんだ後に垂れ下がってしまう

脂肪やヒアルロン酸をバストに注入すると、施術後はピンとハリのあるバストになります。
しかし、数か月たって徐々にしぼんでくると、めいっぱい膨らんでいたバストは最初よりも垂れ下がってしまうのです。

これはゴム風船に似ています。
ゴム風船も、一度膨らませると、次にしぼんだときには最初よりもシワがよってヨレヨレになってしまいますね。
これと同じことがバストにも言えるわけなのです。

どうすればバストの形を保てるの?

豊胸手術は本来、バストの形を整えるためにあるのですが、豊胸手術が思うようにいかなかった、というケースももちろんあり得ます。豊胸手術が原因でバストの形が崩れてしまうのは、本当に残念ですよね。

同じ金額を払うなら、バストアップエステでバストの乳腺を刺激して、バストアップをした方が良いように思えます。
自分のバストを自然に大きくできるのなら、豊胸手術につきものの痛みや細菌感染の心配、形が不自然になったり、しこりや石灰化をしたりするリスクも避けられます。
バストアップエステなら、バストの形が崩れる心配もありませんね。
シリコンバッグでの豊胸と違い、再手術の必要もありません。

バストアップエステと、豊胸手術との体に与えるリスクも比較し、どのバストアップが一番良いのかを考えてみてくださいね。

(まとめ)豊胸手術後に形が崩れてしまうことってある?

1.豊胸手術の後に形が崩れることもある

豊胸手術に成功しても、その後バストの形が崩れてしまうことがあります。
シリコンバッグがバストの中で破損したり、バッグの位置が下がってきたりしてしまうことがあるのです。

2.シリコンバッグの挿入後形が崩れる原因は?

シリコンバッグを挿入後、徐々に老朽化して破損し、バストの形が崩れてしまうことがあります。
また、バストの中でシリコンバッグの角が折れ曲がってしまったり、しこりが原因でバストの形が崩れ、表面がデコボコしてしまったりすることもあります。

3.脂肪注入やヒアルロン酸注入による豊胸の場合は?

豊胸手術によりバスト内に何かを注入すると、それが原因でしこりができたり、石灰化して石のようになったりしてしまうことがあります。
また、一度膨らんだバストがしぼむと、どうしても垂れ下がり気味になってしまいます。

4.どうすればバストの形を保てるの?

豊胸手術につきものの問題について考えると、バストアップエステでの自然なバストアップの方が良いように思えます。
体にも優しいですし、シリコンバッグでの豊胸と違って再手術の必要もありません。
結局は経済的にもやさしいと言えます。

by PMK-Management|2016.5.14|豊胸手術の危険性

PMKはAEA(日本エステティック業協会)加盟サロンです。AEA資格を持った上級スタッフも多数在籍しており、技術力にも自信があります。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話からお気軽に。