エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

バストダウンの原因とは?問題は生活習慣のなかにあり?

ツンと張ったふくよかなバストでも、日ごろの生活の送り方次第でサイズが小さくなることがあります。今回は、そんなバストダウンを招く原因をご紹介。キレイなバストをキープしたい方はぜひチェックしてください。

バストダウンの原因とは?

そもそもなぜバストは小さくなるのか。考えられる原因から見ていきましょう。

女性ホルモンが減少気味になっている

バストは乳腺の周りに脂肪がつくようにして形づくられています。そのため乳腺が発達すると、そのぶん周りにつく脂肪の量も増え、結果的にバストは大きくなります。じつは女性ホルモンは、その乳腺の発達を促してくれるもの。つまり、女性ホルモンが分泌される量によって乳腺の発達程度が変わり、それがバストの大きさに影響するのです。

脂肪が少なくなっている

バストは9割が脂肪、1割が乳腺で構成されています。脂肪が大半を占めているため、脂肪の量が少なくなれば当然、バストも小さくなります。また脂肪と乳腺の比率は変わらないので、乳腺が小さくなると脂肪の量も少なめに。これもバストが小さくなる原因として挙げられます。

バストダウンを招く悪習慣とは?

では、なぜ女性ホルモンや脂肪は少なくなるのでしょうか。これには、生活習慣が大きく関係しています。日ごろの生活の送り方が、女性ホルモンと脂肪の減少を招いているのです。どのような生活がバストダウンを招くのか、おもな要因をチェックしていきましょう。

過度なダイエットをしている

バストの大部分を占めているのは脂肪です。過度なダイエットをおこなえば、バストに必要な脂肪まで落ちてしまいます。それがバストダウンのリスクを高めます。

クーパー靭帯の負担が大きい生活を送っている

クーパー靭帯はバストの形を保つ役割を担う組織です。この組織があることで、私たちはキレイなバストを維持できています。しかしクーパー靭帯はバストのちょっとした動きなどで伸びたり、切れたりします。

そのため、普段からバストの動きが激しい生活をしていると、クーパー靭帯に大きな負担をかけてしまいます。それがバストの下垂を引き起こし、形が崩れることで、バストダウンしたかのように見えることがあります。

猫背になっている

常に猫背の方は正しい姿勢の方よりバストの位置が下がりやすく、血行が滞りがちです。それがバストに栄養を届きにくくし、乳腺の発達を妨げ、バストダウンを招きます。

日常的に睡眠不足でいる

バストアップで欠かせないものに「ラクトゲン受容体」という物質があります。ラクトゲン受容体は、10代の頃に多く分泌されるもので、乳腺の発達を促す働きがあると考えられています。このことからバストアップと密接に関係している物質と言っても過言ではないでしょう。

ラクトゲン受容体は成長ホルモンの刺激によって本来の働きをしてくれます。そのため、成長ホルモンの分泌が弱いと、ラクトゲン受容体への刺激も低下し、乳腺もうまく発達できなくなる可能性があります。

成長ホルモンは睡眠中によく分泌されます。しかし、睡眠不足の状態だとその分泌量が少なくなるため、ラクトゲン受容体の本来の働きを妨げることになります。それが、バストダウンのリスクを高めることにつながります。

カフェインの摂取量が多い

カフェインの摂取量が極端に多い生活をしていると、睡眠妨害などを引き起こすリスクを高めます。上述したとおり、睡眠が十分でないと成長ホルモンの分泌量が少なくなり、ラクトゲン受容体の働きを低下させることにつながるので、カフェインは適度に摂取するようにしましょう。

小さくなったバストを元に戻す方法はある?

一度、小さくなったバストでも女性ホルモンの分泌を整え、脂肪を減らさないようにすれば、その育みを促すことができます。以下、女性ホルモンの分泌を正常に保つケアを3つご紹介します。

ストレスケアに取り組む

ストレスは女性ホルモンの分泌にさまざまな悪影響を及ぼします。理想はストレスが少ない生活を送ることですが、どうしてもストレスを受けやすい生活を送らなければならない方は、定期的にストレスケアをおこないましょう。ストレスは体と心をリフレッシュしたり、軽めの運動をしたりすることで解消できます。時間を見つけて取り組むことをおすすめします。

規則正しい生活を送る

夜更かしはホルモンバランスの乱れを招きます。日常的に夜更かししている方は、まずはその生活を見直しましょう。早寝早起きが理想ですが、難しい場合は毎日同じ時間に寝ることを意識してください。この習慣を心がけることで、ホルモンバランスが乱れるリスクを抑えることができます。

栄養バランスの取れた食生活を送る

女性ホルモンの分泌を整えるためには、健康的な体であることが不可欠です。そんな体づくりを支えてくれるのが「食事」です。健康的な体をつくるためにも、毎日の食事では栄養バランスの取れた食生活を心がけましょう。そのうえで、イソフラボンやボロンなど、女性ホルモンの働きをサポートしてくれる栄養を取り入れると、よりバストを育みやすくなります。暴飲暴食や、栄養が偏った食事は禁物です。

まとめ

女性にとってバストの変化はとても気になるものです。豊かなバストを保ちたいと思っている方は、ここで取り上げたポイントに気をつけながら、日ごろの生活を送ってみてください。

by PMK|2020.10.29|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。