エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

バストの形を整える方法とは?理想のバストを手に入れよう

多くの女性にとって形の整ったバストは憧れるもの。なかにはバストの形を何としてもキレイにしたいと思っている方も多いはずです。この記事では、そんな方に向けてバストの形をキレイに整える方法をご紹介します。美しいバストになりたいという方は、ぜひ参考にしてください。

バストの形が悪くなる原因

まずは、バストの形が悪くなる原因を簡単におさらいしましょう。バストの形は、以下の生活習慣やカラダの変化によって変わります。

・猫背になっている
・大胸筋が低下している
・栄養が不足している
・バストの大きさとブラジャーのサイズが合っていない
・睡眠中にノーブラでいる
・妊娠、出産を経験した

今、バストの形が悪いことに悩んでいる方はまず、上記の項目に思い当たるかチェックしてみましょう。以下の記事では、バストの形が悪くなる原因について詳しくご紹介しているので、あわせて確認することをオススメします。

関連記事:どうして崩れる?バストの形が悪くなる原因

バストの形を整える方法

バストの形を整えるための基本は、離れや下垂を引き起こす原因に対処することです。つまり、前項でご紹介したバストの形を悪くさせる原因を対策していけば、理想のバストに近づけます。

普段から猫背になりがちの方は意識的に姿勢改善に取り組んだり、栄養が不足している自覚がある方は日ごろの食生活でバストに良い栄養を摂取したりします。また、バストにピッタリのブラジャーをつけたり、睡眠中はナイトブラをつけたりすることもバストの形を整えるうえで効果的です。

そのうえで以下のケアに取り組めば、形が整ったバストをつくりやすくなります。

・大胸筋エクササイズ

大胸筋エクササイズのなかにはいくつか種類があります。ここでは、特に効果を期待できる「合掌ポーズ」と「腕立て伏せ」の2つをご紹介します。

・合掌ポーズ

合掌ポーズは、バストの前で両手を合わせるエクササイズです。筋トレだと辛いイメージがありますが、合掌ポーズなら気軽に行なうことができます。合掌ポーズのやり方は以下の通りです。

①背筋を伸ばすことを意識しながら姿勢を正してバストの前で手を合わせる
②息を吐きながら10秒~15秒ほど、大胸筋を使用するイメージで手のひらを押し合う
③この動作を5回、1日3セットくらい行なう

・腕立て伏せ

ここでは難易度の低い腕立て伏せのやり方をご紹介します。セルフでできるので、正しいやり方を身に着け、うまく大胸筋を鍛えていきましょう。

①膝を床につける
②手を肩幅より少し広めに置く
③肘をゆっくり曲げながらカラダを下に落とす(お腹に力を入れる)
④頭から膝までが一直線になることを意識する
⑤上体を起こすときは肩甲骨と大胸筋を意識する
⑥お尻が出ないようにする

負荷をかけるのは腕ではないので、エクササイズ中は大胸筋を使うことを意識しましょう。はじめは辛いかもしれませんが、繰り返し行なうことで回数を重ねていけるようになります。

バストアップマッサージ

バストの形をキレイにしたいときは、バストアップマッサージもオススメです。バストアップマッサージには、背中や脇に流れたバストの脂肪を戻したり、血液やリンパの流れを促しバストに大事な栄養を届きやすくしてくれたりする効果が期待できます。バストアップマッサージは自宅でもできるので、ぜひ試してみてください。

ただ、バストアップマッサージを行なうときは肌に刺激を与えないようにクリームやオイルを使うようにしましょう。肌に刺激を与えると、バストを支えるクーパー靭帯に負担をかけてしまいます。そうすると、バストが離れたり、たれたりする原因となります。バストアップマッサージを行なうときは、以上のことを意識しましょう。

まとめ

バストの形が崩れた状態は、見た目を損なわせます。女性らしい魅力的なバストにするためにも、今回ご紹介してきた方法を参考にしながら美しいバストを目指してみてください。

by PMK|2019.5.8|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。