エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

なぜバストはたるむ?悩ましいたるみの原因と改善方法をご紹介

女性なら誰しもツンとハリのあるバストでいたいもの。しかし、年齢を重ねるごとにハリは失われ、徐々にバストはたるんでいきます。また、若いときでも決してバストのたるみと無縁ではありません。日ごろの生活のなかに、バストのたるみを招く原因は隠れているのです。そこで今回はバストのたるみを引き起こす原因と改善に導く効果的なケアをご紹介。キレイなバストを保ちたい方はぜひチェックしてください。

バストがたるむ原因

バストのたるみはさまざまな要因が絡んであらわれます。まずは、その原因を見ていきましょう。

クーパー靭帯が伸びる

クーパー靭帯とは、バストの内側で網の目のように張り巡らされた組織のことを言います。大胸筋と乳腺・脂肪をつなぎ、バストの形を保つ役割を担っています。この働きから、キレイなバストはクーパー靭帯があることによって実現できていると言えます。

しかし、クーパー靭帯はちょっとした刺激で伸びてしまいます。一度クーパー靭帯が伸びてしまうと、本来備わっているバストの形を保つ働きが低下し、大胸筋と乳腺・脂肪をつなぎ止める力が弱くなっていきます。その結果、バストのたるみを招いてしまうのです。

常に猫背になっている

猫背は肩こりだけでなく、バスト周辺の血液やリンパの流れを悪くさせると言われています。バスト周辺の血液やリンパの流れが悪くなると、バストに届くはずだった栄養などがうまく運ばれなくなります。その結果、バストからハリが失われ、たるみがあらわれます。普段から無意識に猫背になってしまう方は気をつけるようにしましょう。

下着のサイズとバストの大きさが合っていない

下着にはバストの動きを抑制し、余計な刺激が伝わらないようにしてくれる役割があります。しかし、バストとの大きさが合っていないと、その働きが低下します。むしろ、締め付けが強すぎたりすれば、バストに不必要な刺激を与えることに…。それが、クーパー靭帯に負担をかけ、バストのたるみを引き起こすことにつながります。下着はバストの大きさとぴったりのものを着けるようにしましょう。

また、下着は誤った着け方をしていてもバストに刺激を与えます。普段の生活のなかで下着がずれたときは、放置せずに必ず直すようにしましょう。さらに、運動のときはスポーツブラを、寝るときはナイトブラを、というようにシーンに応じてブラジャーを使い分けることも大切です。

バストの急激な変化

バストは妊娠から出産にかけて一時的に乳腺が発達し、ハリが出てきます。しかし、断乳後はしぼみ、たるんでしまうことも少なくありません。そうした急激なバストの変化もたるみの引き金となります。以下の記事では、出産後のバストダウンの原因と対処法についてご紹介しているので、あわせてご覧ください。

関連記事:産後のバストダウンの原因とその対処法について

ホルモンバランスの変化

バストのなかにある乳腺を発達させ、バストのハリを保ってくれるのは「エストロゲン」という女性ホルモンの働きだと考えられています。しかし、乱れた食生活や不規則な生活習慣を送っていると、ホルモンバランスが崩れ、エストロゲンの分泌も低下すると言われています。それがバストからハリを失わせ、たるみを招くことにつながります。

大胸筋の働きが弱い

大胸筋はバストの土台とも言える部分です。この土台がしっかりしていないと、バストを支える力も弱くなるため、たるみの原因になると言われています。

バストのたるみを改善!日常生活で取り入れたいケアとは?

バストのたるみをケアするためには、外側からはもちろん、内側からのアプローチも必要になります。具体的にどのような方法なのか、ひとつずつ確認していきましょう。

大胸筋を鍛える

大胸筋はバストの土台となる筋肉です。この筋肉を鍛えることでクーパー靭帯の負担を減らせて、バストのたるみをケアすることができます。大胸筋を鍛える方法としては、「合掌ポーズ」や「腕立て伏せ」があります。自宅でできることなので、バストを整えるためにも積極的に取り組むことをおすすめします。

関連記事:手を合わせるだけでバストアップ?!合掌ポーズの効果とは?

バストマッサージをする

バスト周りにはたくさんのリンパがあります。そのリンパを揉みほぐすことで血流が良くなります。そうするとバストに栄養が届きやすくなり、たるみの進行を抑えられます。

マッサージのタイミングはなるべく夕方以降、入浴後などをおすすめします。この時間帯になると副交感神経が優位に働き始め、リラックスした状態でマッサージができるからです。

また、マッサージをするときはバストに負担を与えないようにクリームなどを使用しましょう。クリームのなかにハリ・ツヤを導く美容成分が入っていると、なおよいです。バストの負担が大きいとクーパー靭帯が伸びたり、切れたりするリスクが高くなるので、注意してください。

関連記事:バストアップに効くリンパマッサージ!メリットと正しいやり方について

バストのサイズと合った下着をつける

下着は自分のバストの大きさとぴったりのサイズを選びましょう。下着のサイズが合っていないとバストに負担をかけ、クーパー靭帯に刺激を与えてしまうからです。たとえば、サイズが大きすぎるとバストが動く原因になりますし、小さすぎると締め付けが強くなります。

正しいサイズの下着を着ければバストをしっかり保護することができます。それが、たるみを招くリスクを下げることにもなります。しばらくサイズを見直していない方は、バストの大きさを正確に測ったうえで下着を選ぶようにしましょう。

なお、さきほどもお話ししましたが、運動するときや寝るときには通常の下着ではなく、スポーツブラやナイトブラといった専用のブラジャーを着けることをおすすめします。

体を冷やさないようにする

体の冷えは、健康面はもちろんバストにも良い影響を与えません。冷えにより全身の血流が悪化するとバストの血流も滞り、たるみにつながりやすくなるのです。ショウガなどの体を温める食べ物を摂取したり、お風呂のときに半身浴を取り入れたりすることをおすすめします。

バストに良い栄養素を摂取する

食事で摂取する栄養素はハリ・ツヤのあるバストをつくるうえで欠かせません。特に大豆製品に含まれている「イソフラボン」は、女性らしい体をつくってくれる「エストロゲン」と似た働きをしてくれます。積極的に摂取していきたい栄養素です。イソフラボンは、豆乳や納豆といった大豆製品に多く含まれているので、毎日の食事で取り入れていくことをおすすめします。

ただ、食生活は栄養バランスを取ることが大切なので、食事が大豆製品に偏ることがないように気をつけましょう。バストにハリ・ツヤが出てくれば、たるみが起きるリスクを抑えることができます。

まとめ

今回はバストのたるみを招く原因と、それをケアする方法をご紹介してきました。ここまでお話ししてきたように、ハリのあるバストをつくるためには、外側と内側からアプローチすることが大切になります。たるんだバストを整えるためにも、ぜひお話ししてきたことを参考にしながらケアに取り組んでみてください。

by PMK|2019.4.9|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。