エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

産後のバストダウンの原因とその対処法について

女性の大きなライフイベントの1つが出産です。この時期は赤ちゃんへ母乳を与えるために、バストに大きな変化が見られるようになります。その一方で、出産後は出産前よりバストのサイズが小さくなることも少なくありません。なぜ産後はバストダウンしてしまうのか。産後のバストダウンの対処法とともに、今回の記事でご紹介していきます。

産後にバストダウンが起きる原因店舗

妊娠中から産後にかけて、バストは乳腺の発達などにより一時的にサイズが大きくなります。しかし、断乳後はハリがあったバストはしぼみ、サイズダウンしてしまうこともあります。なぜ、バストはしぼんでいくのか、主な原因をご紹介します。

・クーパー靭帯が伸びる

クーパー靭帯はキレイなバストを保つうえで欠かせない組織です。しかし、ちょっとした刺激などで伸びたりする繊細な組織でもあります。妊娠中から産後にかけて大きくなったバストは通常時より重くなります。その重みや授乳のストレスによって、このクーパー靭帯が伸びてしまい、バストが垂れることでサイズダウンしたように見えます。

・姿勢が悪くなりハリを失う

産後は授乳や抱っこ、おむつ替えのときに、猫背になってしまうことが多いです。しかし、猫背はバストの血液やリンパを滞らせる原因となります。血液やリンパがうまく流れなければ、代謝が悪くなったり、バストに栄養がうまく届かなかったりします。それが、バストのハリを低下させ、バストダウンにつながると言われています。

・皮膚が伸びる

通常時よりバストが大きくなれば、それとともに皮膚も伸びます。その状態のままバストが小さくなることで、皮膚が垂れバストダウンしたように見えます。

・女性ホルモンが減少する

妊娠中は女性ホルモンである「エストロゲン」や「プロゲステロン」の分泌量が高まります。しかし、断乳するとこの2つの女性ホルモンが減少していきます。それが、乳腺の縮小を招き、結果的にバストダウンにつながると考えられています。

産後のバストダウンの対処法

産後のバストダウンは、バストの見た目年齢を上げることにもつながります。そうならないためにも、事前に対処法を頭のなかに入れておきましょう。

・バストアップマッサージを行なう

バストアップマッサージには、血液やリンパの流れを促す働きがあります。血液とリンパがうまく流れれば、バストに栄養が届きやすくなるなどの効果を期待できます。その結果、バストにハリを生み出せることにつながります。

・無理なダイエットをしない

妊娠中から産後は栄養を蓄えなければならないので、体重の増加が予想されます。そのため、断乳後はダイエットに励もうと思っている方も多いでしょう。

しかし、そのときに無理なダイエットをしてしまうと、しぼんだバストにさらなる影響を与える可能性が高くなります。バストは脂肪が9割、乳腺が1割でできています。脂肪を極端に減らしては、バストをキレイに保つことは難しくなります。

また、食事制限ダイエットなどをすると、バストに必要な栄養などが不足するリスクも。産後のダイエットは「適度な運動」と「栄養バランスの取れた食生活」を送りながら、取り組むようにしましょう。

・バストに良い栄養を食生活に取り入れる

食事の際に「ボロン」や「イソフラボン」といったバストアップを助けてくれる栄養を摂取することも大切になります。ただ、食生活はあくまで栄養バランスがしっかり取れていることが重要です。これらの栄養に偏った食生活にならないように注意しましょう。

まとめ

今回は産後のバストダウンの原因とその対処法についてご紹介してきました。産後もキレイなバストを保つためにも、ここでお話ししてきた対処法を参考にしながら、バストケアに取り組んでみてください。

PMKでは産後のバストヶケアもございます。『バストBTUトリートメント』は、ゆるんでしまった乳腺や乳房の内側からアプローチし、失ってしまったボリュームや弾力・ハリを取り戻し、自然で美しい形のバストを形成するPMK人気の施術です。
一度でも効果がわかりやすいと人気です。自己流ではできないプロのケアで、ハリのある美胸を取り戻しましょう。

→PMKの「産後バストケア」を見る
→PMKの「プラチナリフト・フェイシャル」を見る

by PMK|2019.4.4|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。