エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

今日から取り組みたい!バストを今より大きくする方法

大きく豊かなバストに、憧れる女性は多いのではないでしょうか。できることなら今より大きくしたいと思っている方に向けて、この記事ではバストアップを期待できる方法をご紹介していきます。

今よりバストを大きくする方法

バストアップに効果的な方法はいくつかあります。ここでは、特に代表的な4つのポイントを取り上げたいと思います。1つずつチェックしていきましょう。

・血行を促進するマッサージ

バストは脂肪が9割、乳腺が1割でできています。これを見てもわかる通り、バストの大部分を占めているのは脂肪なのです。過度なダイエットを行なえば、バストに必要な脂肪まで落ちてしまう可能性があります。それがバストダウンのリスクを高めてしまいます。

ただ、注意しておきたいのはマッサージによってバストを支える「クーパー靭帯」を傷つけてしまうことです。マッサージを行なうときはクリームなどを使い、バストに負担をかけすぎないようにしましょう。効果的なマッサージの方法については、以下の記事でご紹介しているので、ぜひご覧ください。

関連記事:バストアップに効くリンパマッサージ!メリットと正しいやり方について

・大胸筋を鍛えるエクササイズ

大胸筋はバストの土台。この土台がしっかりしていないと、バストが小さく見えてしまうことがあります。また、筋力低下によるバストの下垂を引き起こすことも。

大胸筋を鍛えることは、直接的にバストアップにつながるわけではありません。しかし、筋力を上げておくことで、ハリのあるバスト、形のきれいなバストを目指すことができます。マッサージとともに、毎日のケアで取り入れてみましょう。

大胸筋を鍛えられるエクササイズでは、「合掌ポーズ」や「腕立て伏せ」などがあります。自宅で簡単に行なえるので、ぜひ取り組むことをオススメします。

関連記事:手を合わせるだけでバストアップ?!合掌ポーズの効果とは?

・入念なバストケア

バストを支えるクーパー靭帯は、妊娠や授乳、そのほかの外的な刺激によって切れたり、伸びたりします。そしてその影響で、バストを支える力が弱くなり、下垂を引き起こしたりします。そうすると、バストの形が崩れて、小ぶりに見える可能性が高くなります。

入念なバストケアにはそうしたリスクを抑え、クーパー靭帯の働きを保ってくれる効果が期待できます。「昼間に着けるブラジャーはサイズに合わせて選ぶ」、「夜寝るときはナイトブラを着ける」、「バストアップマッサージは正しい方法で行なう」といったことを意識しながらバストのケアに取り組みましょう。

バストケアによってバストが大きくなるというわけではありませんが、ふくよかなバストをつくるうえで、このお手入れはとても大切になります

・バストに良い食事を心がける

バストを大きくするためには、カラダの内側から胸にアプローチすることもポイントになります。その代表とも言えるのが、日々の食事です。実は、特定の食べ物のなかにはバストアップに近づける栄養素が含まれています。その点、バストアップと食べ物には密接な関係があると言えます。

バストに良い食べ物では、大豆製品が挙げられます。特に気軽に摂取できる「豆乳」は、バストアップに効果的な飲み物として知られています。バストアップを目指すなら、日々の食事に豆乳を取り入れてみることをオススメします。

まとめ

「バストを大きくする」と聞くと、サイズのことだけに頭がいってしまいがちです。しかし、バストの土台である大胸筋を鍛えたり、バスト自体にハリを持たせたりすることも、ふくよかな美乳をつくるうえで大切になります。今よりバストを大きくしたいと思っている方は、このことを踏まえたうえで、今回ご紹介してきた方法に取り組んでみてください。

by PMK|2019.4.3|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。