エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

原因は習慣にあり?!バストダウンにつながる悪習慣をご紹介

ネットなどにはバストに関する情報が数多くあります。そんなバストにまつわることのなかには、バストダウンにつながってしまう原因もあることを知っているでしょうか。今回は、バストダウンを招く生活習慣についてご紹介していきます。今の生活がバストダウンにつながるものでないか不安な方は、ぜひ確認しておきましょう。

バストダウンにつながる悪習慣とは

バストを大きくしたい方にとって、サイズが小さくなってしまうことは何としても避けたいところ。どのような生活がバストダウンを招くのかしっかりチェックしていきましょう。

では、なぜバストは離れてしまうのか。主な原因を確認していきましょう。

・過度なダイエットをしている

バストは脂肪が9割、乳腺が1割でできています。これを見てもわかる通り、バストの大部分を占めているのは脂肪なのです。過度なダイエットを行なえば、バストに必要な脂肪まで落ちてしまう可能性があります。それがバストダウンのリスクを高めてしまいます。

・クーパー靭帯の負担が大きい生活を送っている

バストの形を保つ役割を担っている組織に、「クーパー靭帯」と呼ばれるものがあります。このクーパー靭帯、実はバストのちょっとした動きなどで伸びたり、切れたりします。

そのため、激しい運動といったバストがよく動く生活をしていると、クーパー靭帯に大きな負担をかけることになります。それがバストの下垂を引き起こし、形が崩れることで、バストダウンしたかのように見えることがあります。

また、睡眠時のバストの動きでもクーパー靭帯に負担をかけることになるので気をつけましょう。

・猫背になっている

常に猫背の方は正しい姿勢の方より、バストの位置が下がりやすく、血行も滞りがちです。それによってバストに栄養が届きにくくなります。その結果、乳腺の発達を妨げ、バストダウンを招くことにつながります。このように、姿勢が悪いとバストに与える影響は大きくなります。

・日常的に睡眠不足でいる

バストアップで欠かせないものに「ラクトゲン受容体」という物質があります。ラクトゲン受容体は、10代の頃に多く分泌されるもので、乳腺の発達を促す働きがあると考えられています。このことからバストアップと密接に関係している物質と言っても過言ではないでしょう。

ラクトゲン受容体は成長ホルモンの刺激によって本来の働きをしてくれます。そのため、成長ホルモンの分泌が弱いと、ラクトゲン受容体への刺激も低下し、乳腺もうまく発達できなくなる可能性があります。

成長ホルモンは睡眠中によく分泌されます。しかし、睡眠不足の状態だとその分泌量が少なくなるため、ラクトゲン受容体の本来の働きを妨げることになります。それが、バストダウンのリスクを高めることにつながります。

・カフェインの摂取量が多い

カフェインの摂取量が極端に多い生活をしていると、睡眠妨害などを引き起こすリスクを高めます。上述した通り、睡眠が十分でないと成長ホルモンの分泌量が少なくなり、ラクトゲン受容体の働きを低下させることにつながるので、カフェインは適度に摂取するようにしましょう。

まとめ

今回はバストダウンを招く生活習慣についてご紹介してきました。女性にとってバストの変化はとても気になるものです。豊かなバストを保ちたい…。そう思っている方は、ここで取り上げたポイントに気をつけながら、日ごろの生活を送ってみてはいかがでしょうか。

by PMK|2019.3.27|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。