エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

バストアップのために摂取したいオススメのフルーツとは?

普段何気なく食べているフルーツですが、そのなかにはバストアップに効果的なものもあります。今回は、バストアップで摂取したいオススメのフルーツをご紹介していきます。

バストアップ効果を期待できるフルーツ

バストアップに効果的、と聞くと何か特別なフルーツを思い浮かべるかもしれません。
しかし、普段私たちが食べている「りんご」や「みかん」、「バナナ」、「ぶどう」などのフルーツにもバストアップ効果が期待できる栄養や成分が含まれています。

その栄養や成分とは「ビタミンC」と「ボロン」のことです。なぜビタミンCとボロンがバストアップに効果的なのか確認していきましょう。

・ビタミンCについて

ビタミンCには、抗酸化作用や肌の再生作用、コラーゲンの生成作用など、肌に良い影響を与える働きがあることが知られています。そのため、バストアップとは関係ない栄養と思われがちです。しかし、ビタミンCの働きは、肌だけにあらわれるわけではありません。実は、バストアップも助けてくれるのです。

たとえば、抗酸化作用。抗酸化作用とは、簡単に言うと肌の酸化を抑え、老化を予防してくれる働きのことです。人のカラダは年齢を重ねると同時に肌がたるんだりしますが、こうした老化現象は胸にもあらわれます。ビタミンCの抗酸化作用は肌だけでなく、この胸の老化現象にも有効に働いてくれることが期待されています。

また、胸にはクーパー靭帯という組織があります。この組織はコラーゲンを主成分としています。そのため、コラーゲンを積極的に摂取していけば、クーパー靭帯が強化され、垂れ乳や離れ乳の予防になります。ビタミンCは、そうしたクーパー靭帯に必要なコラーゲンの生成をサポートしてくれます。ビタミンCのこれらの働きが、ハリのある胸を維持できることにつながります。

・ボロンについて

ボロンはホウ素のことで、必須微量栄養元素と呼ばれています。聞きなれない成分ですが、エネルギー代謝に影響を与える作用があることがわかっています。そんなボロンが持つ働きの1つに、女性ホルモン「エストロゲン」の活性化があります。

胸は脂肪が9割、乳腺が1割で構成されています。このことから、バストアップでは脂肪に注目が集まりがちです。しかし、胸のボリュームを上げるためには、乳腺を発達させることも欠かせません。そのとき重要となるのがエストロゲンの働きです。

実は、エストロゲンにはこの乳腺を発達させる働きがあります。そのため、エストロゲンを活性化させれば、乳腺に良い刺激が伝わり、胸のサイズアップが期待できるのです。ボロンが直接的にバストアップをもたらすわけではありませんが、乳腺の発達を促す役割を担っていることは覚えておくようにしましょう。

ビタミンCとボロンは、スーパーなどで購入できるフルーツはもちろん、「ピタヤ(ドラゴンフルーツ)」など、レアなフルーツにも含まれています。

また、「アサイー」や「アグア」にも、バストアップにつながる栄養が豊富です。バストアップを目指している方は、ぜひこれらのフルーツを摂取してみてはいかがでしょうか。

ちなみにフルーツを食べるタイミングは食前がオススメです。食前は吸収率が上がっているため、このときにフルーツを食べることで、よりバストアップに有効な栄養や成分を体内に吸収することができます。

まとめ

今回は、バストアップに効果的なフルーツをいくつかご紹介してきました。バストアップと言うと、マッサージなどによる方法が一般的です。しかし、日常生活のなかでフルーツを摂取していくことが、よりスムーズに胸のサイズアップを図れることにつながります。理想のバストになるためにも、ぜひここで取り上げたフルーツを積極的に摂取していきましょう。

by PMK|2019.1.8|

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。