エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

やせ型女子でもバストアップできる?胸が育ちにくい原因と育乳を導く方法

いくら食べても太りにくいやせ型女子。そんなやせ型女子にまつわる悩みが「なかなか胸が大きくならない…」ということ。じつはやせ型の体はバストが育ちにくいと言われています。なぜバストアップしにくいのでしょうか。やせ型女子でも育乳できる方法とあわせてご紹介します。

やせ型女子がバストアップしにくい理由

冒頭でもお話ししましたが、やせ型女子は普通の体に比べてバストアップしにくいと言われています。その理由のひとつに「体全体の脂肪が少ないこと」が挙げられます。しかしほかにも以下のような理由によって、バストアップが難しいと考えられています。

胸に脂肪がつきにくい

胸は脂肪が約90%を占め、残りの約10%を乳腺が占めています。この数値を見てもわかるとおり、胸の大半は脂肪でできています。ですがやせ型女子はそもそも脂肪が少なく、胸に脂肪がつきにくい傾向にあります。それが胸の育みを損なわせます。

女性ホルモンが不足しがち

やせ型女子のなかには、体質の問題で太れない、という場合もあります。そうしたケースでありがちなのが、胃腸の働きが弱いことです。胃腸の働きが弱いと、食事で摂取した栄養素をうまく体内に吸収できなくなります。

そうすると、女性ホルモンの分泌にも影響を与え、エストロゲンなどのホルモンが体内で不足気味に。このエストロゲンには乳腺を刺激し発達させる働きがあるのですが、不足すればその働きも低下するため、結果的にバストアップを難しくさせてしまいます。

体が冷えやすい

脂肪が少ないやせ型女子は体が冷えやすい傾向にあります。この冷えがとても厄介で、血行不良を招く原因になります。そうすると、胸に届くはずだった女性ホルモンや栄養素がうまく運ばれなくなり、バストの育みを妨げてしまいます。

やせ型女子がバストアップするためには?

さまざまな理由によって胸が育ちにくいやせ型女子。その悩みを解決するためには、どのような対策をすればいいのでしょうか。

脂質とタンパク質が多めの食事をする

胸は乳腺に脂肪がつくことによって豊かになっていきます。そのため食事のときは脂質を多めに摂取し、脂肪を増やす努力をしてみましょう。油の多い食事が苦手ならチーズやナッツに脂質が含まれているので取り入れてみてください。また、胸の土台となる大胸筋や小胸筋をつくるタンパク質も積極的に摂取しましょう。もし食事で摂取できない場合はプロテインを活用することもおすすめです。

血行を良くする

血液の流れが悪いと、せっかく食事で摂取した栄養や女性ホルモンがうまく胸に届きません。こまめに軽い運動をしたり、マッサージをしたり、体を温めたりするなどし、血行不良を対策しましょう。特にデスクワークなど、普段からあまり体を動かさない方は血行不良になりやすいので注意が必要です。

睡眠をしっかり取る

脳には視床下部というところがあります。この視床下部の役割の1つが、女性ホルモンの分泌をコントロールすることです。しかし視床下部の働きは、睡眠不足によって低下します。その結果、女性ホルモンの分泌がうまくいかなくなり、バストアップに影響を及ぼします。そのため睡眠は毎日しっかり取るようにしましょう。

大胸筋を鍛える

大胸筋は胸の土台となる部分です。この筋肉が発達することで、胸を支える力が強くなります。大胸筋は「腕立て伏せ」や「合掌ポーズ」で鍛えることができます。日常生活のなかでぜひ取り入れてみましょう。

就寝時はナイトブラをつける

胸は寝ているときでも重力などの影響を受けます。その影響によって、胸の脂肪は脇や背中に流れ、形が崩れたりします。このリスクを抑えてくれるのがナイトブラです。ナイトブラは就寝中の脂肪の動きを抑制してくれるもの。着けることで胸を徹底的に保護することができます。脂肪を定着させることで、バストアップも導きやすくなります。

まとめ

やせ型女子は胸につく脂肪が少ないため、小さめのバストになりがちです。しかしその悩みは解消できないものではありません。生活習慣に気をつければバストアップを導けることが期待できます。育乳したいやせ型女子は、ぜひ今回ご紹介してきた方法を試してみてください。

by PMK-Management|2018.12.10|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。