エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

豊胸手術による弊害には何がある?

窓の外を見る女性

思ったような結果が得られないことも

誰もがうらやむ美乳が欲しくて豊胸手術をしたのに、形がいびつになってしまった…。

残念ですが、そんな体験談は少なくありません。

そのほか、バストの感触が固い…。異物感がある…。バストの感覚がマヒしてしまった…。手術の時のキズが目立つ…。見た目が不自然…。などなど。

手術で必ず美乳が手に入ると思ったら、そういうわけでもないようです。

シリコンバッグの手術による弊害は?

効果を長持ちさせたい場合によく選ばれるのが「シリコンバッグによる豊胸」です。

これは、シリコン製のバッグを大胸筋の下、あるいは乳腺組織の下に潜り込ませることによりバストを大きく見せるというものです。

そんなシリコンバッグによる豊胸の弊害には以下のようなものが挙げられます。

血腫のリスク

手術後、出血が止まりにくく、バストのなかに血腫ができてしまうことがあります。その場合、血腫を抜き出す手術が別途必要になります。

被膜拘縮(ひまくこうしゅく)

カプセル拘縮とも呼ばれます。シリコンバッグは体にとっては異物です。そのため、体の自然な防御反応として、シリコンバッグの表面に薄い皮をつくって体から分離しようとします。

その皮が必要以上に分厚くなり、収縮を始めることを被膜拘縮といい、これが起こるとシリコンバッグが締め付けられて硬くなったり、形がいびつになったりすることがあります。

体内に異物があることによる精神的負担

バストを大きくしたいという一心で自ら希望した豊胸手術。それでも、自分の体内に異物がある、ということが精神的に負担となり、耐えられないと感じることがあります。

授乳への影響

出産後、赤ちゃんに与える母乳が出にくい場合、乳房マッサージを行なうことになります。

ですが、シリコンバッグが入っていると基本的にこのマッサージができません。できたとしても、かなりの痛みが伴います。もともと乳房マッサージ自体、痛みを感じるものですが、この度合いがさらに高くなるのです。

また、母乳が詰まり、乳膜炎になったときは母乳を絞り出して対処します。しかし、シリコンバッグがあると、この母乳の絞り出しもできなくなります。

ヒアルロン酸注入による豊胸の弊害は?

ヒアルロン酸による豊胸は、効果が短いという特徴があります。

長くても2年~3年程度で体内に吸収されてバストは元の大きさに戻ります。そのため、ヒアルロン酸注入はプチ整形といった感覚で比較的、気軽に施術を受けられるという魅力があります。また、体にメスを入れることがなく、注射器で済むところもメリットと言えます。

一方で、ヒアルロン酸注入には弊害もあります。具体的にどのような弊害があるのか。以下にまとめてみました。

さわり心地が硬い

ヒアルロン酸はサラサラとした液体ではなく、硬めのジェル状です。これをバストの乳腺の下に注入していくわけですが、さわり心地が思ったよりも硬くなることがあります。せっかく大きなバストを手に入れても、硬かったら少し残念ですね。

しこりができることがある

ヒアルロン酸は注入後、徐々に分解され体内に吸収されていきます。しかし、まれに吸収されずに膜で覆われてしまうことがあります。それが、「しこり」となります。

しこりができると、乳房のなかに小さいボールが入っているような感触がはっきりとわかります。これは、注入したヒアルロン酸を一つひとつ吸い出すことで除去できますが、かなり大変な作業となります。

また、デコルテや谷間の部分など、少しずつ注入した場合は小さなしこりが点在し、除去が困難になることがあります。

細菌感染のリスクがある

これはヒアルロン酸以外の豊胸手術にも言えることですが、ものを注入する以上細菌感染のリスクがあります。

細菌に感染すると、痛みや腫れ、赤みが続いたりします。これらの症状が繰り返し起こるようであれば、抗生物質での治療が必要になります。

アレルギー反応が起こることも

「注射に含まれていた物質がアレルゲンとなる」「ヒアルロン酸が体に異物と判断される」。この2つの原因によって、ヒアルロン酸を注入したあとアレルギー反応が出ることがあります。

ただ、アレルギー反応の発生確率は0.0012%と言われています。ヒアルロン酸注入のリスクとして挙げられますが、実際のところそれほど心配する必要はなさそうです。

そのほかの失敗談

豊胸手術に成功したものの、しばらく経ってから出てくる弊害もあります。

シリコンバッグの破損

シリコンバッグは時が経つにつれて老朽化し、破損する可能性があります。中身がジェルの場合、破損するとバスト内に流れ出てしまい、早急に手術をして除去する必要があります。

シリコンバッグの寿命は10年が目安と言われていますが、まれに数年で破損してしまうことがあります。また、乳房マッサージなどの外部的な刺激が破損を早めることも多いです。

中身のジェルは、体内の水分を引き寄せる性質があるため、シリコンバッグが破損すると初めはバストがどんどん大きくなり、次いでしぼみ始めます。

脂肪の壊死によるしこりと石灰化

脂肪注入による豊胸をした場合、注入した脂肪が壊死すると、膜で覆われしこりになってしまいます。

このしこりを放っておくと、徐々に石灰化してもっと硬くなってしまうことがあります。

がんの発見が遅れることも

豊胸手術をすると、乳がんの検査が正確にできないことがあります。また、シリコンバッグが原因でマンモグラフィー検査を受けられないことも。もし、そうなった場合、がんの発見が遅れてしまいます。

豊胸手術の弊害を考えると、できるだけ自然にバストアップしたいものですね。バストアップエステで特殊なマシンを使ったり、プロの手によるマッサージを受けたりすれば、自然なバストアップも夢ではありません。

まとめ

1.思ったような結果が得られないことも

豊胸手術による弊害には、いびつなバスト、不自然さ、手触りが固い、異物感、感覚のマヒ、手術のキズが目立つなどがあります。豊胸手術で必ずしも美乳が手に入るというわけではないようです。

2.シリコンバッグの手術による弊害は?

シリコンバッグによる豊胸は、効果が長持ちするという利点があります。弊害としては、血腫のリスク、被膜拘縮、体内に異物があることによる精神的な負担、授乳への影響などがあります。

3.ヒアルロン酸注入による豊胸の弊害は?

ヒアルロン酸注入による豊胸手術の弊害としては、さわり心地が思ったよりも硬い、しこりができることがある、しかも除去しにくいことがある、細菌感染のリスクがある、などが挙げられます。

4.そのほかの失敗談

豊胸手術後しばらく経ってから出てくる弊害もあります。たとえば、シリコンバッグの老朽化による破損、脂肪注入による豊胸のしこりと石灰化、乳がんの検査がしにくい、などです。

by PMK-Management|2016.5.14|豊胸手術の危険性

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。