エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

豊胸手術後に形が崩れてしまうことってある?

豊胸手術の後に形が崩れることもある 豊胸手術に成功しても、時経つうちにバストの形が崩れてしまうことがあります。 シリコンバッグによる豊胸は、比較的形が保たれやすいですが、年齢による肌の変化と共にシリコンバッグ自体の位置が下がってしまったり、 […]

more

by PMK-Management|2016.5.14|豊胸手術の危険性

豊胸手術による弊害には何がある?

思ったような結果が得られないことも 誰もがうらやむ美乳が欲しくて豊胸手術をしたのに、形がいびつになってしまった…。 残念ですが、そんな体験談もあります。 その他、バストの感触が固い、異物感がある、バストの感覚がマヒしてしまった、手術の時のキ […]

more

by PMK-Management|2016.5.14|豊胸手術の危険性

豊胸手術をした場合に年をとったら出てくる問題とは?

不自然になってしまう場合が多い 豊胸手術でバストにシリコンバッグを入れた場合、年をとったら見かけが不自然になってしまうことが多いです。 なぜなら、年を取ったらどうしても皮下脂肪や筋肉が柔らかく、薄くなりますね。 それなのにシリコンバッグはそ […]

more

by PMK-Management|2016.5.13|豊胸手術の危険性

豊胸手術をすると寝るときに痛いってホント?

豊胸手術のあと寝るのが苦痛に… 豊胸手術のあとの悩みとして多いのは、寝るときに痛い、というものです。 直立に上半身を起こしている状態では痛くなくても、横になったとたん痛みが走ったり、違和感が続いたり…。 そんな不快感や痛みに悩んでいる女性は […]

more

by PMK-Management|2016.5.13|豊胸手術の危険性

豊胸手術をするとつっぱり感がのこるってホント?

豊胸手術後のつっぱり感はよくあること 豊胸手術後の不快感として多いのがつっぱり感です。 考えてみれば、皮膚の伸び具合にも限界があります。 いままでなかったものを中に入れるのですから、つっぱり感が出るのは当たり前と言えば当たり前なのです。 つ […]

more

by PMK-Management|2016.5.12|豊胸手術の危険性

バストサイズの悩みを解消するためには?

バストケアを生活の一部にしよう! ふだん何気なくしていることも、もしかしたらバストサイズを小さくしてしまう原因になっているかもしれません。 でも逆に、何気なくしていることで、バストサイズを大きくできたら嬉しいですよね? 食材選びや姿勢、お風 […]

more

by PMK-Management|2016.5.11|安全なバストアップのために

バストサイズの日本人の平均は?

日本人女性の平均バストサイズはBカップ 下着メーカーの調査によれば、一番よく売れているブラジャーのサイズはB70、B75、C70だそうです。 その中でもB75が売れ筋だそうで、買う人が多いのでかわいいデザインが豊富だとか…。 こうして考えて […]

more

by PMK-Management|2016.5.11|安全なバストアップのために

バストサイズの年齢別平均はどれくらい?

バストサイズ平均はBカップ とある女性下着メーカーのデータによれば、ブラジャーのカップサイズの年齢別平均は、20~30代がB~Cカップ、50~70代がA~Bカップとなっているようです。 それに対して多くの女性が理想とするバストサイズは、20 […]

more

by PMK-Management|2016.5.10|安全なバストアップのために

バストサイズが大きくなる睡眠時間はどれくらい?

バストサイズは睡眠時間の影響を受けています バストサイズを大きくするためには、女性ホルモンを充分に分泌させることが大切です。 そのためには、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に就寝していることが必要です。 ゴールデンタイムとは、夜の10 […]

more

by PMK-Management|2016.5.9|安全なバストアップのために

バストサイズと女性ホルモンの関係って?

女性ホルモンの活発化がバストアップに繋がります バストアップを目指すためには、女性ホルモンが活発に分泌される必要があります。 女性ホルモンには二種類あり、女性らしい身体つきを作り上げる「エストロゲン」という卵胞ホルモンと、生理周期や妊娠に働 […]

more

by PMK-Management|2016.5.9|安全なバストアップのために

産後のバストサイズはどう変化するのか?

妊娠中から産後にかけて大きくなり、やがてサイズダウンしていきます バストサイズは、妊娠中から出産後にかけて、最も大きくなります。 これは女性ホルモンの働きにより、赤ちゃんの発育に必要であると身体が判断するからです。 その後、産後までに急激に […]

more

by PMK-Management|2016.5.8|安全なバストアップのために

バストサイズの左右差の原因はなに?

筋肉の付き方や骨盤の歪みが左右差の原因になります バストサイズは、基本的に左右差があるのが基本です。 そもそも人間の身体は、左右対称なパーツの方が少ないもの。バストも一般的には左右差があって当たり前です。 ただし、出来るだけその差をなくして […]

more

by PMK-Management|2016.5.8|安全なバストアップのために

バストサイズとストレスには関係があるの?

ストレスがバストアップに悪影響を与える可能性があります バストアップを目指している方にとって、ストレスは大敵です。 バストサイズと密接な関係にある女性ホルモンの分泌は、ストレスによって著しく低下してしまう可能性があるからです。 ストレスは自 […]

more

by PMK-Management|2016.5.7|安全なバストアップのために

バストアップには有酸素運動が効果的なの?

有酸素運動でバストアップを促進できます バストアップには、適度な運動が欠かせないと言われています。 適切な量の運動を取り入れることで、体内の血行が促進され、血液が隅々まで循環するようになります。 取り入れた栄養素をバストまでしっかり届けるこ […]

more

by PMK-Management|2016.5.6|安全なバストアップのために

バストアップに冷えは禁物?

血行を妨げてしまうので冷えを避けるようにしましょう サプリメントやマッサージなど、色々なバストアップ方法を実践しても、いまいち効果が出ないという人は、もしかしたら冷え性が原因かもしれません。 バストアップにおいて、冷えは大敵です。 冷えは身 […]

more

by PMK-Management|2016.5.6|安全なバストアップのために

偏食はバストアップに影響するの?

偏食はバストアップを妨げてしまいやすいです 食生活が偏った状態は、折角のバストアップ対策をムダにしてしまう可能性が非常に高いです。 偏食はバストアップの大きな妨げとなってしまうということですね。 これは、健康的なバストアップにおいて、様々な […]

more

by PMK-Management|2016.5.5|安全なバストアップのために

閉経後のバストアップはどうすれば良いの?

適切な方法を工夫すれば十分実現することができます 閉経後や更年期中など、女性ホルモンの分泌バランスに変化が生じていたり、全体量が少なくなっていたりしても、バストアップを目指していくことは十分可能です。 ただし、それまで実践していたバストアッ […]

more

by PMK-Management|2016.5.4|安全なバストアップのために

バストアップには電流が効果的って本当?

電流で乳腺や大胸筋を刺激してバストアップ効果を得られます バストアップ方法のひとつとして、バスト部分に電流を流す方法があります。 これは、バストに電流を流すことで、大胸筋や乳腺を刺激して、その動きを活発にすることを目的としています。 刺激さ […]

more

by PMK-Management|2016.5.4|安全なバストアップのために

食品でバストは変わる?バストアップに効果的な食べ物

乳腺を発達させる食べ物を取り入れることでバストアップに繋がります バストアップを目指すために効果的な食品は、美容面全般において、高い評価を集める食品が多くなっています。 バストを構成しているのはすべて脂肪なので、質が良い脂肪を上手にバストに […]

more

by PMK-Management|2016.5.3|安全なバストアップのために

胸が大きくなる原理!バストアップのメカニズムとは?

乳腺を発達させることでバストアップすることができます 様々な噂や迷信が飛び交うバストアップ術。 バストは乳腺とクーパーじん帯、脂肪からできています。 乳腺を発達させるのがバストアップの近道。 女性ホルモンを活発することで乳腺を刺激しましょう […]

more

by PMK-Management|2016.5.2|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。