エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

クーパー靭帯が切れた原因には何がある?

痛みを感じている女性

クーパー靭帯が切れた原因にはいろいろあります

バストを支えるクーパー靭帯が切れた原因は、いくつか考えることができます。
その原因はいずれもバストに重力などで負荷がかかってしまうためで、それによって伸びたり切れたりしてしまうのです。
それは日常生活でも起こりうることで、ちょっとしたことでクーパー靭帯は切れてしまうのです。
普段から気を付けることで、クーパー靭帯を守ることができます。

正しくブラジャーを着用しよう

女性の下着であるブラジャーは、言わずもがなバストの重みを支えたり、きれいな形に見せるために補正をしたりする役割を持ちます
このブラジャーを正しく着けていないと、クーパー靭帯が伸びたり切れたりする原因となってしまいます。
バストを守るために、ブラジャーの正しい着け方や選び方を覚えておきたいものです。

きちんとサイズが合ったものを選ぶ

ブラジャーを購入するとき、自分のサイズはこれだからということで、特にバストサイズを測らずにそのまま買っている方もおられるでしょう。
しかし、バストはホルモンの影響やダイエットなどによって少しずつサイズが変わってしまうものです。
サイズが合っていないブラジャーを着けているとバストが安定しなかったり、締め付けられ過ぎたりしてしまいます。
安定しないバストはクーパー靭帯が伸びたり切れたりする原因となり、また締め付け過ぎもクーパー靭帯を損傷させてしまいます。
正しいサイズのブラジャーを着ければそれらの事態を避けられますから、ブラジャーを購入するときはその都度バストサイズを測って、そのときの自分のサイズに合ったものを選ぶのがおすすめです。

リラックスタイムや就寝時にもブラジャーを着けよう

日中はまだしも、家に帰ってきてリラックスタイムに入ったり、また就寝したりするときには、ブラジャーを窮屈に感じるために外して過ごすという方も多いのではないでしょうか。
しかし、ノーブラで過ごしているとバストは支えるものをなくし、重力に逆らえずに遊んでしまうことになります。
これによって、クーパー靭帯が伸びたり切れたりする原因となってしまい、バストの形を崩してしまうことになるのです。
ナイトブラなど、しめつけが比較的少なくバスト全体を守ってくれるブラジャーを着けるようにすれば、バストが守られてクーパー靭帯の損傷も防げます。

運動をするときにも要注意

クーパー靭帯は伸びたり切れたりしやすい組織であるため、重力だけではなく大きな揺れでも損傷の原因になることがあります。
運動をするときにもバストを守る方法を考えて行いましょう。

激しい運動でクーパー靭帯は損傷する

例えば、ダイエットなどで運動を取り入れている方も多いでしょうが、ジョギングやダンスなど、激しい動きを伴う運動ではバストが激しく揺れてしまいます。
これによってクーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまい、バストの形を崩してしまうことになるのです。
せっかく美しくなるためにダイエットをするのですから、バストの形も美しく保っておきたいものです。
そのためには、激しい運動よりもじっくり行う運動を長く続けた方が、バストを守ることにつながりますし、また脂肪の燃焼にも一役買ってくれます。

激しい運動を行うときはスポーツブラを

ダイエット目的でなくても、趣味でこうした激しい運動を行うこともあるでしょう。
こうした運動をするときは、スポーツブラを着けることをおすすめします。
スポーツブラは激しい運動の衝撃からバストを守ってくれるホールド力がありながら、締め付けすぎない適度な伸縮性を持っています。
さらに、運動で汗をかいたときにも汗がこもらないように通気性にも優れたものが多く、まさにスポーツをするのにてきしたブラジャーというわけです。

妊娠・出産での変化も原因に

女性の体が大きく変化するタイミングとして、妊娠・出産が挙げられます。
このときにも、クーパー靭帯が伸びたり切れたりする原因が潜んでいます。

バストの大きな変化がクーパー靭帯損傷の原因に

妊娠すると、女性ホルモンの働きによって乳腺が発達し、バストがだんだん大きくなってきます。
そして出産し、赤ちゃんに授乳するようになると母乳でバストが張ったり、母乳が出た後に縮んだりといった変化を毎日繰り返すわけです。
バストが大きくなるだけでも、重力によってバストが下に引き下げられ、クーパー靭帯が切れやすくなる原因となります。
そして授乳中の変化にもクーパー靭帯が対応しきれなくなり、損傷しやすくなっているのです。

マタニティブラや産後ブラを着けるのがおすすめ

こうした妊娠や出産でのバストの大きな変化に対応するためには、通常のブラジャーよりもマタニティブラや産後ブラを着けるのがおすすめです。
通常のブラジャーではサイズの変化に対応しきれず、きつくなってしまいます。
そうなると、バストを締め付け過ぎてしまいクーパー靭帯に負担がかかってしまうだけではなく、乳腺の発達も阻害してしまう可能性があります。
マタニティブラなら、こうしたバストサイズの変化にも対応できるような構造になっていますし、産後ブラはバストのサポートに加え、授乳しやすい構造になっているものも多いため、便利に使うことができます。

(まとめ)クーパー靭帯が切れた原因には何がある?

1.クーパー靭帯が切れた原因にはいろいろあります

バストを支えるクーパー靭帯が切れた原因はいくつかあります。
重力などで負担がかかるために起こることで、それにより切れたりするのです。
日常生活から気を付けておくことでクーパー靭帯を守ることができます。

2.正しくブラジャーを着用しよう

クーパー靭帯を守るためには、正しくブラジャーを着けることが大切です。
ブラジャーを購入する際にはその都度サイズを測って自分のサイズに合ったものを買ったり、またリラックスタイムや就寝時にもナイトブラなどを着けたりしてバストを守りましょう。

3.運動をするときにも要注意

ダイエットなどでジョギングやダンスのような激しい運動をするときにも要注意です。
ダイエットでは激しい運動よりもじっくり運動する方がいい場合もあります。
趣味で激しい運動を行う際は、スポーツブラを着けることをおすすめします。

4.妊娠・出産での変化も原因に

女性の体が大きく変化する妊娠・出産では、乳腺が発達してバストのサイズが大きくなります。
マタニティブラならその変化にも対応できる構造になっていますし、産後ブラは授乳しやすい構造になっているものが多いため、おすすめです。

by PMK-Management|2016.4.26|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。