エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

バストの下垂を防ぐ方法とクーパー靭帯の関係とは?

下を見つめる女性

バストの下垂はクーパー靭帯の損傷が原因です

最近バストが垂れてきたとお悩みの方も多いでしょう。バストが下垂してしまう大きな原因は、バストを支えるクーパー靭帯が伸びたり、切れたりするところにあります。

バストの下垂を防いで形の良いバストを保つためには、クーパー靭帯を強化したり周囲の筋肉を鍛えたりすることが効果的です。つまり、クーパー靭帯が損傷しないようにきちんとケアすることが大切になります。

バストの下垂の原因となるクーパー靭帯の損傷

繰り返しになりますが、バストが下垂してしまうおもな原因は「クーパー靭帯が損傷し、バストの重みを支えきれなくなる」というものです。クーパー靭帯の損傷は、普段の生活でも簡単に起こります。

クーパー靭帯は乳腺や脂肪といったバストのなかの組織を支えるためにあるものです。これは、コラーゲンの繊維が束になってできたもので、伸縮性のある靭帯となっています。

バストに何らかの負荷がかかると、この靭帯への負担が通常より大きなものになります。それが、靭帯自体に損傷を与えることになり、伸びたり切れたりするわけです。いったんこうした損傷が起きてしまったクーパー靭帯はもとに戻ることはありません。

クーパー靭帯が損傷するときとは?

では、クーパー靭帯はどのようなときに損傷してしまうのでしょうか。

たとえば、激しい運動をしてバストが上下に揺れるだけでもクーパー靭帯は伸びたり切れたりします。

また、姿勢が悪く、いつも前傾姿勢になっていることでもバストが下に引っ張られて伸びてしまいます。

さらに、睡眠時にバストを固定していない状態で寝返りを打つと、バストの肉が上下左右に流れて損傷の原因となります。

クーパー靭帯を強化・保護する方法

バストの張りを保つために必要なクーパー靭帯は、損傷によってバストの下垂を招いてしまいます。

それを防ぐためにはクーパー靭帯を強化すること、また保護することが大切です。クーパー靭帯を強化・保護する方法とはどのようなものなのでしょうか。

コラーゲンを生成しやすい体をつくる

クーパー靭帯はコラーゲンでできた繊維の束です。これを強化するためにはコラーゲンを生成しやすい体にする必要があります。

規則正しい食事と十分な睡眠によって血流が促進され、コラーゲン生成に必要な栄養分が行き渡るようになれば、クーパー靭帯の強化につながります。

市販のコラーゲンドリンクなどで補給するのも良いですが、最終的にはコラーゲンを欲しいところに届かせることが大切です。規則正しい生活を心がけて、コラーゲンをつくりやすい体になりましょう。

損傷しないように保護することも重要

睡眠時にブラジャーをつけない方はたくさんいます。それは、ブラジャーの締め付けが苦しかったり、違和感があったりするためです。たしかに、ブラジャーをしないままだと快適に眠りにつくことができます。

しかし、その状態で寝てしまうと寝返りの姿勢によってバストが上下左右に引っ張られ、クーパー靭帯が少しずつ伸びる原因になります。

かといって、日中着けている通常のブラジャーは窮屈ですし、バストを固定するには不十分なこともあります。

そんなときにおすすめなのが「ナイトブラ」です。ナイトブラは就寝用につくられたブラジャーなので、寝ているときのバストの動きをうまく抑えてくれます。

クーパー靭帯を守るためにも、バスト全体を優しく包み込んでしっかり固定してくれるナイトブラを使用しましょう。

周囲の筋肉を鍛えることも有効

いったん損傷してしまったクーパー靭帯は、その後修復することはありません。

つまり、クーパー靭帯の損傷によって下垂してしまったバストは、もとの状態に戻すことが難しいのです。

しかし、周囲の筋肉を鍛えることでバストが下垂し続けるのを食い止めることはできます。ポイントは大胸筋を鍛えるエクササイズをおこなうことです。

バストアップでは定番の合掌ポーズ

バストアップに有効なエクササイズとして必ずと言っていいほど紹介されるのが、合掌ポーズです。胸の前で手を合わせ、押し合うように力を入れることで大胸筋が鍛えられ、バストアップできるというものです。

このエクササイズはたしかに有効ですが、きちんとしたやり方を覚えておくことでより効果的になります。イメージは「腕の力を入れる」というよりは「大胸筋を意識して力を入れる」というものです。

また、合わせた手を上下左右に移動させることで、さらに大胸筋に負荷をかけることができます。

軽い腕立て伏せも有効

腕立て伏せといえば、腕の筋肉を鍛えるトレーニングというイメージがある通り、大胸筋を鍛える方法として有効です。

ただし、普段筋トレをしない方にとってはきつい運動になるでしょう。そのような場合は、膝を床についた状態でおこなうことをおすすめします。

最初はゆっくり10回ほど、その後小刻みに10回ほどおこないましょう。そうすることで、大胸筋を効果的に鍛えることができます。

【まとめ】バストの下垂を防ぐ方法とクーパー靭帯の関係とは?

1.バストの下垂はクーパー靭帯の損傷が原因です

バストが下垂してしまうのは、クーパー靭帯の損傷が原因です。それを防ぐためには、クーパー靭帯を強化したり周囲の筋肉を鍛えたりするのが良い方法です。また、クーパー靭帯が損傷しないように普段から注意しましょう。

2.バストの下垂の原因となるクーパー靭帯の損傷

バストのなかの組織を支えているクーパー靭帯が損傷することでバストの下垂が起こってしまいます。クーパー靭帯の損傷は、激しい運動による上下の揺れや前傾姿勢でバストが下に引っ張られること、また睡眠時の寝返りなどでも起こります。

3.クーパー靭帯を強化・保護する方法

バストの下垂を防ぐためには、クーパー靭帯をつくるコラーゲンを生成しやすくすること、また睡眠時にバストを優しく固定するナイトブラを着けることなどが挙げられます。これがクーパー靭帯の強化・保護となります。

4.周囲の筋肉を鍛えることも有効

いったん損傷してしまったクーパー靭帯はもとには戻りませんが、周囲の大胸筋を鍛えることでバストの下垂を防ぐことができます。合掌のポーズや腕立て伏せなど、大胸筋を意識してトレーニングをおこなうのがポイントです。

by PMK-Management|2016.4.8|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。