エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

運動の衝撃からクーパー靭帯を守る必要とは?

ジョギングする女性

運動によってクーパー靭帯は損傷しやすいです

美しく整ったバストの形を維持するために、クーパー靭帯と呼ばれるものが一役買っています。
クーパー靭帯は運動などの負荷によって伸びたり切れたりしやすく、一度損傷してしまったらもとに戻すことができません。
そのため、運動をする際にはクーパー靭帯を守って損傷しないようにすることが大切なのです。
それによって、バストが垂れないように維持することができます。

運動でバストの形が崩れる理由とは?

激しい運動を続けているとバストの形が崩れたり、垂れてしまったりすることがあります。
これは、クーパー靭帯に何らかの負荷がかかって損傷してしまうために起こることです。
運動をしたときにクーパー靭帯が損傷してしまう理由とはどのようなものでしょうか?

運動によってバストが上下する

ジョギングやジャンプなどをする運動では、その動きに合わせてバストが上下に揺れます。
これによってクーパー靭帯が伸びやすくなってしまうのです。
また、あまり激しく上下すると切れてしまうこともあります。
クーパー靭帯は切れても特に痛みを感じません。
そのため、いつの間にか切れてしまってバストの崩れの原因になるわけです。

スポーツブラを着けていない

運動をするときにバストが揺れてしまうのを防ぐ役割を果たすのがスポーツブラです。
運動をする際にスポーツブラを着けていないと、衝撃からバストを守ることができずにクーパー靭帯にも負荷をかけてしまうことになるのです。
通常のブラジャーはバストの形を美しく見せることが目的ですから、運動の際の動きを十分にサポートしてくれるものではありません。
バストを全体的に包み込んで、バストの動きを押さえてくれるスポーツブラは、運動の際には欠かせません。

バストアップできる運動もある

運動によってクーパー靭帯が損傷してしまうのは、その運動が激しいバストの揺れをもたらす場合です。
同じ運動でも、クーパー靭帯を守ってバストアップできる運動もあります。
それは、クーパー靭帯を支える大胸筋や小胸筋を鍛えるという方法です。

合掌ポーズでバストアップ

バストアップのために代表的な運動として、胸の前で両手のひらを合わせて力を入れるエクササイズがあります。
この合掌ポーズの状態で両手を押し合うように力を入れることで、大胸筋や小胸筋が鍛えられてバストアップにつながるのです。
合掌の状態で左脇、また右脇に手を持ってきて、そこでまた力を入れる運動を行えば、左右の筋肉がさらに鍛えられます。

座りながらできる運動

椅子に座って足を軽く開き、両手を太ももに添える姿勢を取ります。
そして、足は外側に開くように力を入れ、それに反発するように両手から足を閉じるように力を入れるようにします。
これにより、肩から胸にかけての筋肉に負荷をかけることができ、筋肉が適度に鍛えられます。
これなら、電車などで座っているときにも手軽にできて簡単です。

普段の生活でも気を付けたい

運動をする際だけではなく、普段の生活に気を付けることでクーパー靭帯の損傷を防ぐことができます。
普段のちょっとしたことに気を付ければ、きれいなバストの形を保てるのです。
クーパー靭帯を守るためにも、またさらなるバストアップのためにも覚えておくとよいでしょう。

姿勢を正す

普段から猫背で姿勢が悪い方は要注意です。
この姿勢によって、バストの形を崩してしまっているかもしれません。
上半身が常に前傾していることで、バストは重力によって下に垂れた状態になります。
そのため、クーパー靭帯が伸びやすい状態になっているのです。
姿勢を正せばこうした問題がなくなり、クーパー靭帯の損傷も防ぐことができます。

リンパの流れをよくする

これはバストアップに効果的なことですが、リンパの流れをよくすることも大切です。
ホルモンバランスの乱れがバストの形の崩れを引き起こしてしまうこともあります。
リンパの流れを改善することでバストに十分な栄養が行きわたるようになり、ホルモンのバランスも整えられるのです。
リンパの流れをよくするためには、わきの下や鎖骨などを効果的にマッサージするのがおすすめですが、素人のセルフマッサージでは効果的にならないこともあります。
そこで、プロのエステティシャンの施術を受けるのも1つの方法です。
女性の体を知り尽くしたプロの施術なら、ピンポイントで効果的なところをマッサージしてくれるため、安心して任せることができます。

(まとめ)運動の衝撃からクーパー靭帯を守る必要とは?

1.運動によってクーパー靭帯は損傷しやすいです

クーパー靭帯はバストの形を維持するために大切なものです。
これは運動などによって損傷しやすく、いったん損傷するともとに戻りません。
運動をする際にはクーパー靭帯を守ることが大切となります。

2.運動でバストの形が崩れる理由とは?

運動をするとバストの形が崩れてしまうことがよくあります。
これは、運動の際にクーパー靭帯に負荷がかかってしまうためです。
激しい運動でバストが上下したり、スポーツブラを着けずに運動したりすることがクーパー靭帯の損傷につながってしまいます。

3.バストアップできる運動もある

運動の中にも、クーパー靭帯を守ってバストアップできる運動もあります。
それは、クーパー靭帯を支えている大胸筋や小胸筋を鍛える方法です。
合掌ポーズなどの運動を行うことで筋肉が鍛えられ、バストアップにつながります。

4.普段の生活でも気を付けたい

クーパー靭帯の損傷を防いだり、バストアップしたりするためには普段の生活に気を付けることも大切です。
悪い姿勢を正したり、リンパの流れをよくしたりすることできれいなバストを保つことができます。
プロのエステティシャンの施術もおすすめです。

by PMK-Management|2016.4.5|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。