エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

バストアップ効果が女性ホルモン剤にもあるの?

バストを気にする女性

女性ホルモン剤でバストアップ効果が出ることも

女性ホルモン剤は、女性の月経の悩みや子宮などの病気治療の際に処方されることがある医薬品です。
低用量ピルも女性ホルモン剤の一種です。
低用量ピルは、その大きな役割として避妊のために使われることが多いものですが、女性の月経やホルモンの悩みなどに活用され、その効果を発揮することもあります。

こうした女性ホルモン剤は、時にバストアップにも効果が出ることがあります。
女性ホルモンはバストアップに大きく関わっており、その女性ホルモンのバランスが整えられるために、バストアップすることもあるのです。
ただし、この女性ホルモン剤は医薬品であり、正しい方法で正しい効果を求めて使うことが必要です。
バストアップだけのために処方してくれるお医者さんはいないので、ピルの使用時の嬉しい副作用といった扱いになるでしょう。

女性ホルモンとバストアップの関係

女性のバストを育てるのは、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンです。
エストロゲンは乳腺に脂肪をつけるために働き、プロゲステロンは乳腺を発達させます。
その影響が多く出るのは、思春期の頃から20代までの間の時期であり、その頃に女の子のバストが大きくなるものこの二つの成分のおかげです。

では、その時期を通り過ぎてしまったらバストアップができないのか、という不安を覚えます。
しかし、その時期を過ぎた後でも女性ホルモンの量を増やしたり、バランスを整えたりすることで、バストアップ出来ることもあります。
また、バストにこれらの女性ホルモンが届きにくいためにバストの悩みを抱えている場合には、その届きにくさを解消することでバストアップ出来るでしょう。
このように女性ホルモンは急激なバストアップの時期を過ぎていても、方法によってはバストアップのために働かせる可能性があるのです。

ただし、エストロゲンとプロゲステロンはバストだけでなく、妊娠や月経などにも深く結びついており、また、量が増えすぎても問題であることも覚えておく必要があります。

バストアップと女性ホルモン剤の関係

女性ホルモン剤というのは、一般的には医師の処方によって使われている不妊症、更年期や女性特有の病気の治療、症状の改善などに効果のあるものです。
低用量ピルも避妊以外にもいろいろな女性特有の不調を助けます。
こうした病気の治療以外で女性ホルモン剤を処方することはないので、直接バストアップのために病院で女性ホルモンの処方を希望することはできません。

ただし、これを処方されて服用した人の中には本来の薬の効果とともにバストアップ効果を得たという人もいるようです。
女性ホルモン剤というのは、以下のような症状で処方されています。

・無月経
・月経周期異常
・黄体機能不全
・月経前症候群

これらの原因は女性ホルモンのバランスが関係していることもあり、これが整うことで本来のバストの成長が伴うこともあるのでしょう。
つまり、これまで女性ホルモンの状態が悪かったために、バストの成長が停滞していたということです。
女性特有の病気や不調を持っている人でバストの悩みも抱えている場合には、それがバストの成長を送らせているのかも知れません。
こうした場合には、早めに根本的に体調を正す治療を受けて、健康を取り戻すことが大切です。

女性ホルモン剤の使用は適切に

女性ホルモン剤の使用は、バストアップのためだけに求めることはできません。
海外の薬などを医師の指導なしで手に入れることもできますが、そこにはリスクも含まれています。
安全なバストアップをするためには、日本で認められている方法で行うことが大切です。
女性ホルモンを薬として摂取した場合には以下のような副作用が見られることがあります。

エストロゲンの副作用

・頭痛
・吐き気
・体重増加
・胸の張り
・乳がん、子宮内膜がん、卵巣がん発生リスク(エストロゲンのみ使用の場合)
・不正出血

プロゲステロンの副作用

・ニキビや発毛
・生理の遅れ
・体重の変化
・関節の痛み
・膣の不快感
・気分の落ち込み
・血栓症

女性ホルモン剤の使用をしている際に、こうした副作用が出た場合には医師の指示を仰ぐことが必要です。

(まとめ)バストアップ効果が女性ホルモン剤にもあるの?

1.女性ホルモン剤でバストアップ効果が出ることも

女性ホルモン剤は、女性の月経や子宮などの悩みや病気を治療する際に使われるものです。
バストアップすることは本来の目的ではないものの、その効果が出ることがあります。

2.女性ホルモンとバストアップの関係

女性のバストアップは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンによって行われています。
女性ホルモンの量を整えることで、バストアップの可能性が高くなります。

3.バストアップと女性ホルモン剤の関係

女性ホルモン剤は、女性特有の病気や不調を助けるために使われているものです。
その不調の影響で停滞していたバストの成長が進み、バストアップが期待できることもあります。

4.女性ホルモン剤の使用は適切に

女性ホルモン剤の使用にあたっては、日本で認められている薬のみを使って健康を守ることが大切です。
副作用もあるため、体調不良を認めたらすぐに医師の指示を求めましょう。

by PMK-Management|2016.3.19|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。