エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

バストアップにイソフラボンは効果があるの?

ダイズ

バストアップにはイソフラボンの適量の摂取を

バストアップをするときに、女性ホルモンが必要となることはご存知でしょうか?
イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをすることで、女性の美しさや女性らしさを高めるために効果的な栄養素なのです。
バストアップのためには、バストの中にある乳腺を育てることが必要ですが、イソフラボンは女性ホルモンと同じように乳腺を働かせてくれます。
ただし、女性ホルモンやイソフラボンの影響は良い面だけでなく悪い面もあることがわかっているため、毎日の摂取量には注意が必要です。
基本的には食事からの自然な摂取であれば、比較的安心なので、栄養バランスを整えつつ、イソフラボンの入った食品を意識的にプラスすると良いでしょう。

イソフラボンは女性ホルモンと同じ働き

イソフラボンは、別名「植物性エストロゲン」と呼ばれています。
この異名は、イソフラボンの体内での働きを示しております。
イソフラボンは、女性ホルモンのうち女性の美しさを司る役割のエストロゲンと同じ働きをするということです。
このため、バストアップをするためにも、イソフラボンがエストロゲンを補って良い効果を与えてくれることとなります。

女性ホルモンエストロゲンのバストアップのための働きは、乳腺組織を増やすことです。
乳腺が増えることで、乳腺の周りに集まる脂肪細胞も増えて、バストアップができます。
乳腺は乳腺細胞で出来ており、それを増殖するためにエストロゲンが働きます。
乳腺細胞のエストロゲンの受容体というもののサイズが、イソフラボンにもピッタリ当てはまるため、エストロゲンの代わりに乳腺細胞を増やすことができるのです。

エストロゲンの分泌はちょっとした体調の変化や月経の周期などで変化します。
体調不良で減ってしまった時にもイソフラボンがあれば、同様の効果でバストアップに働いてくれることが期待できるでしょう。

イソフラボンの摂取の仕方

イソフラボンは、主に大豆や豆製品などに多く含まれている成分です。
日本人なら日常生活の食卓などで頻繁に見ることが多い、身近な食材を摂取することでイソフラボンの働きを得ることが出来るでしょう。
バストアップを目指してイソフラボンを摂取するのであれば、毎日の適量摂取がより効果的です。

イソフラボン摂取に効果的な大豆製品といえば、豆腐や納豆、豆乳、おから、きなこなどの様々なものがあります。
また、大豆製品は豊富なたんぱく質を持っている優良なタンパク質食品でもあり、バストの栄養のためにも効果的です。
乳腺の素材としてのたんぱく質とそれを働かせるイソフラボンのダブルの効果が得られそうです。
大豆製品を食生活に美味しく取り入れて、イソフラボンの摂取を心がけましょう。

イソフラボンの摂取は、女性ホルモンの欠乏を補うだけでなく、過剰になったものを抑制する働きもあると言われています。
女性ホルモンの過剰や曝露の頻度の多さによって起こる女性特有の病気のリスクからも守ってくれるため、安心して取れる食材です。

イソフラボン摂取の注意事項

イソフラボンの摂取において、より効果的なバストアップをしたいからといって、安易でやみくもなサプリメントの使用は危険です。
食品から摂取した上にサプリメントなどで補うと、過剰摂取によるリスクが高くなります。
イソフラボンは女性ホルモンの過剰を抑える働きを持っていますが、イソフラボン自体の過剰摂取にも注意をすることが必要です。

食品安全委員会などの報告によるとイソフラボンの過剰摂取は体調不良や病気のリスクを高くすると言われています。
安全な一日の摂取目安量の上限は70~75mgで、一日に上乗せしても良い摂取量の上限値は30mgとなっています。

大豆製品に含まれているイソフラボンは以下の通りです。

・豆腐一丁あたり60~80mg
・納豆1パックあたり30~35mg
・油揚げ1枚あたり8~16mg
・豆乳200mlあたり30~52mg

一食分、もしくは一回あたりに一般的に摂取する量でも、一日の上限に迫っているものがあることが分かります。
こうした点を踏まえると、食事からイソフラボンを摂取していれば、サプリメントなどで特別に補う必要はないということです。
上記のような食品の摂取ができなかった日などのみにサプリメントを使うなど、過剰摂取にならないように注意しながらイソフラボンの効果を生かしましょう。

(まとめ)バストアップにイソフラボンは効果があるの?

1.バストアップにはイソフラボンの適量の摂取を

バストアップのためには女性ホルモンと同様の働きを持っているイソフラボンの作用は効果的です。
適量を心がけて、身体に悪影響を及ぼさないように注意して摂取しましょう。

2.イソフラボンは女性ホルモンと同じ働き

イソフラボンの働きは女性ホルモンのエストロゲンと同じことをします。
バストアップの効果としては、乳腺の細胞にあるエストロゲン受容体に受け入れられ、乳腺細胞を増やすことができます。

3.イソフラボンの摂取の仕方

イソフラボンを含んでいる食品は大豆製品です。
日常で見かける身近な食品なので、手軽に取れそうです。
食事から摂るイソフラボンは女性ホルモンの量を調整する働きもあります。

4.イソフラボン摂取の注意事項

イソフラボンの摂取量には制限があります。
過剰摂取は体に悪い影響をもたらす可能性があり、危険です。
安全にイソフラボンを利用するためには、摂取量の目安を知り、安易なサプリメントの乱用を避けることが大切です。

by PMK-Management|2016.3.16|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。