エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

クーパー靭帯とバストアップとの関係は?

バッグを持つ女性

クーパー靭帯が伸びたり切れたりするとバストの下垂につながります

バストは乳腺、脂肪組織、そしてクーパー靭帯から構成されています。
クーパー靭帯は線維の束で、それらを支えるのが大胸筋です。
バストにおける乳腺の割合というのは個人差があります。
乳腺が多め、かつ大胸筋との間の脂肪が少ないタイプのバストは型崩れしにくいです。
このクーパー靭帯が伸びきってしまうとバストの下垂につながります。

バストとクーパー靭帯の関係

年齢を重ねても下がることのないバストは誰にとっても憧れでしょう。
でも、年を取ればバストアップが難しいのは自然なことで仕方のないことであきらめている方もいるかもしれません。
でも、バストの下垂の原因は年齢だけではありません。

クーパー靭帯は、バストを構成するものですが、バストの中に網の目のように張り巡らされている組織になります。
バストを支えバストアップすることで知られる大胸筋と脂肪や乳腺とをつなぎとめることによって、バストの形を作り上げる役割を持ちます。

クーパー靭帯は線維の束ですが、この線維はコラーゲンからできています。
したがって、筋と違い鍛えることができる部位ではありません。
クーパー靭帯はある程度の範囲であれば強く伸ばされても再び元に戻ることが可能です。
しかし、激しい運動をする習慣などにより外部から強い刺激を受けると、切れたり伸びたりします。
こうなると元には戻らないので、結果的にバストは下垂してしまいます。

ノーブラ習慣はNG

暑い季節や、家で過ごす時間などはついブラジャーをつけるのがおっくうになってしまうものです。
日中はワイヤー入りのブラジャーをしていても、帰宅後にははずしてノーブラで過ごしてしまうという女性も少なくないかもしれません。

美しく丸みをおびたバスト、そしてそのハリなどはクーパー靭帯によって生み出されているものです。
一度切れると戻らないクーパー靭帯ですが、バストをきちんとサポートしない状態はクーパー靭帯に悪影響を及ぼします。
つまり、ノーブラやノンワイヤーブラで長時間を過ごすことです。

女性が30歳に近づくにつれてバストには脂肪が増えてやわらかくなるのでバストは揺れやすく動きやすくなります。
たとえブラを着けてもバストは揺れやすくなるため、ノンワイヤーのブラキャミソールなどはバストをサポートする力が弱くバストの揺れを制御しきれません。

もちろん、ノーブラではさらにバストには悪影響で、揺れが強ければクーパー靭帯は伸びたり切れたりします。
するとバストはどんどん横に流れて下垂が進行してしまいバストアップが難しくなります。

ノーブラやノンワイヤーのブラジャーを着ける習慣はバストの下垂を引き起こします。
これは、30代に近づくとやわらかくなるバストをサポートしきれないため、揺れなどの衝撃によってクーパー靭帯が伸びたり切れたりするためです。

ナイトブラでバストケア

ついやってしまいがちなノーブラの習慣はバストアップの敵ということが言えそうです。
さらには、寝るときのノーブラにも注意が必要になります。
女性の約6割がノーブラで寝ているというデータもありますが、実はこの習慣がバストそしてクーパー靭帯には良くないのです。

個人差はありますが毎日7時間、連続してノーブラの状態が続くと、仰向けならばバストの脂肪は四方八方へと流れている状態が続くことになります。

そこでおすすめなのがナイトブラです。
ナイトブラにはワイヤーが入っていないのでそれほど強いサポート力はありません。
でも、仰向けやうつぶせの体勢になってもバストが周囲に流れてしまうのを可能な限り食い止めてくれるのです。
したがって夜寝る前にはナイトブラを着ける習慣を始めましょう。

こういったちょっとした習慣が、5年、10年後のバストの形に違いを生みます。
バストアップを望むならば、極端な運動や手術などを考える前に、こういったアイテムを取り入れるのが安全でおススメです。

(まとめ)クーパー靭帯とバストアップとの関係は?

1.クーパー靭帯が伸びたり切れたりするとバストの下垂につながります

クーパー靭帯は乳腺、脂肪組織と並びバストを構成する要素のひとつです。
これらの要素の割合には個人差がありますが、線維の束で大胸筋によって支えられているクーパー靭帯が切れたり伸びたりするとバストは下垂します。

2.バストとクーパー靭帯の関係

クーパー靭帯はバストの中で網の目のように張り巡らされている組織で、バストの美しい形を作りあげる役割を持ちます。
コラーゲンからできているクーパー靭帯は一度切れたり伸びたりすると再生は難しく、バストの下垂を引き起こすのです。

3.ノーブラ習慣はNG

ノーブラやノンワイヤーのブラジャーを着ける習慣はバストの下垂を引き起こします。
これは、30代に近づくとやわらかくなるバストをサポートしきれないため、揺れなどの衝撃によってクーパー靭帯が伸びたり切れたりするためです。

4.ナイトブラでバストケア

女性の約6割が夜寝るときにノーブラというデータがありますがこれはクーパー靭帯に悪影響を与えます。
寝る前にナイトブラを着ければバストが流れるのを食い止めバストアップにつながるでしょう。

by PMK-Management|2016.3.30|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。