エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

離れ胸でもバストアップできる?

花を持った女性

離れ胸であってもさまざまな工夫でバストアップを目指すことが可能です

バストサイズが小さくて悩む女性は多いですが、小さく感じるのは実はサイズの問題ではなく、離れ胸のせいだった、というケースは少なくありません。
胸がそれぞれ外側を向いてしまった状態の離れ胸を生み出す原因にはいくつかあります。
着けるブラジャーや姿勢、胸を支える筋肉のトレーニングにより離れ胸を解消しバストアップすることができるでしょう。

離れ胸になる原因

離れ胸を生み出す原因には、ブラジャー、大胸筋、そして姿勢の3つの要素が考えられます。
離れ胸でひそかにお悩みの女性は多いですが、さまざまな工夫やケアによってこれらの原因をなくせば、バストアップをすることができるのです。

まず、ブラジャーですが、自分に合わないブラジャーを身に着ける女性が多いです。
きつすぎるブラジャーはリンパや血液の流れを妨害してバストを圧迫してしまいます。
反対にぶかぶかのブラではバストは周辺に流れて美しい形を形成することが不可能になります。

大胸筋は、年齢や運動不足などによって衰えればバストを支えることができなくなり、脂肪は流れて形も崩れてしまいます。

また、姿勢の悪さは筋肉のコリを引き起こし、離れ胸の原因となってしまいます。
美しい姿勢を保つには背筋や脊柱起立筋などの背中の筋肉が必要不可欠です。
必要な筋肉を適度に鍛えないとバストアップは難しいです。

ふだんからの姿勢が離れ胸を改善すると考えても良いでしょう。

気をつけたい下着選び

自分のバストサイズに合わない、小さすぎたりゆるすぎたりするブラジャーを着けてはいませんか?
ブラジャーは、見た目のかわいさだけで選んでいると、バストアップを阻むことになってしまいます。

ブラジャーを購入する際は店員さんにサイズを測ってもらうことが理想です。
こうすれば最低限、自分のサイズや形にあったブラジャーを選ぶことができます。
また、バストのサイズはよく変化するので、購入の度にサイズをチェックするのが良いでしょう。
なお、実際のサイズよりも小さいカップのブラジャーを着けている女性が多いです。
きついブラはバストを小さくしてしまいます。

離れ胸を改善するには、ブラジャーを着ける際にも注意が必要です。
カップの上の部分に隙間ができてパカパカしていないか、アンダー部分が浮いていないか、などの点をチェックしてください。
バストが本来の位置に納まるようにフィットさせてください。
脇や背中へ流れた本来はバストにあるべき脂肪はカップへ向けて寄せて、ブラの中に収めましょう。

また、ノーブラの習慣はバストの下垂や離れ胸を引き起こします。
できるだけ長時間ブラをつけていれば、ブラを取っても中央よりのバストをキープすることが可能になります。

かんたんトレーニングで離れ胸を解消

離れ胸は、毎日トレーニングを行うことで改善が期待できます。
トレーニングといっても難しければ続きませんが、今回ご紹介するものはとても簡単なので、寝る前や仕事の休憩中にも気軽にやってみてください。
バストを支える大胸筋やクーパー靭帯を鍛えるものがおすすめです。

まずは、肩甲骨をゆるめる体操です。
両肩にそれぞれ手を載せて肩甲骨に意識を向けながら後ろに大きな円を描くようにまわしてください。
肩甲骨の硬さがほぐれるのが感じられるでしょう。
10回回し終わったら、今度は前へ10回行ってください。
肩凝りがひどい肩は前後それぞれ10回ずつを合計3セット行ってください。
バストアップ効果と、肩こり解消効果が期待できるでしょう。

次は、仰向けの状態で行うトレーニングです。
おやすみ前にベッドの中でもできます。
仰向けになり両手を天井に向けるように上方に上げます。
肩甲骨を持ち上げつつ、さらに上へと伸ばします。
ここでも肩甲骨が上へ確実に持ち上がられていることを意識しながらゆっくりとした動作で伸ばし、元に戻します。
動作は深呼吸をしながら行ってください。
以上の動きを10回行いましょう。

とてもかんたんなトレーニングなので気軽に取り入れてみてください。
離れ胸が少しずつ改善するかもしれません。

(まとめ)離れ胸でもバストアップできる?

1.離れ胸であってもさまざまな工夫でバストアップを目指すことが可能です

離れ胸でお悩みの方は、まず胸に着けるブラジャーや普段の姿勢に気をつけましょう。
さらに、バストを支える筋肉を鍛えるトレーニングの習慣によって、離れ胸が解消し美しいバストを手に入れることはできます。

2.離れ胸になる原因

離れ胸を引き起こすのは、普段身に着けるブラジャー、バストを支える大胸筋の衰え、そして姿勢の悪さ、であると考えられています。
どれも自分自身で改善が可能なのでこれらの点を見直してみてください。

3.気をつけたい下着選び

ブラジャーは見た目だけで選ばず、店員さんにサイズを測ってもらうのが理想です。
きつすぎずゆるすぎないものを選びきちんと胸をカップに収めてください。
また、ノーブラも下垂や離れ胸を引き起こすので避けましょう。

4.かんたんトレーニングで離れ胸を解消

離れ胸を改善するために、かんたんなトレーニングを毎日の生活に取り入れてください。
肩甲骨をゆるめる体操は仕事の休憩中に座ったままでもできますし、仰向けで行うものは寝る前にベッドですることも可能です。

by PMK-Management|2016.3.25|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。