エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

バストアップに遺伝は関係あるの?

眠る子ども

バストの大きさを決めるのは遺伝だけではありません

バストアップしたいけれど、自分のバストが小さいのは遺伝だから、と最初からあきらめる必要はありません。
確かにバストの大きさに遺伝的要素はあります。
母親のバストが大きく、その娘も同様というケースはあります。
ただ、バストサイズは食事や運動の習慣などの生活環境や、さらには女性ホルモンの分泌量が大きく影響します。

バストサイズと遺伝の関係

バストサイズと遺伝との関係はどのようなものなのでしょうか?
実は、バストの大きさは、遺伝するのは30%~40%であると言われています。
バストが小さい、その原因の60%~70%は、遺伝以外の要素であるということです。
母娘や姉妹でもバストサイズがそれぞれ、というケースが多いことからもあきらかです。
つまり、バストアップを願う方は、遺伝だからと言ってあきらめる必要はないということになります。

では、バストアップに遺伝はどのように影響するのでしょうか?
両親からの遺伝が大きいのは、骨格や筋肉の要素です。
遺伝によって筋肉量が少なかったり、育ちにくかったりする場合には胸を支えている大胸筋が発達しにくいことからバストが大きくなりにくいという可能性はあります。

また、遺伝によって太りやすい体質を受け継ぐということはよくあります。
太りやすければ胸にも脂肪は付きやすくバストサイズにも影響します。
ストレスへの抵抗力も遺伝しますが、ストレスを溜めこみやすいタイプであれば、女性ホルモンの分泌が妨げられるのでバストが大きくなりにくいということは考えられます。

したがって、遺伝でバストアップに不利な要素を受け継いでいるとしても、自分の努力や工夫しだいでバストアップは可能になるといえます。

バストサイズを決める遺伝以外の要素

女性ホルモンはバストアップに影響を与えます。
女性ホルモンには卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲステロンの2種類があります。
このうち女性らしさを作るホルモンがエストロゲンであり、バストアップしたり妊娠しやすい体作りをしたりする作用があります。
女性ホルモンの分泌によって乳腺は発達し、すると乳腺を外的刺激から保護するためにどんどん脂肪がついていきます。
妊娠期の女性は、一時的に、母乳を作ろうと女性ホルモンは通常の数十倍にも増えることがわかっています。
妊娠中や出産前後の女性のバストサイズが大きくなるのはこのような理由からなのです。
反対に女性ホルモンの分泌量が減少すれば、それにしたがってバストサイズは小さくなってしまいます。

エストロゲンとプロゲステロンは脳からの指令によってお互いのバランスを取りながら分泌されます。
このバランスが崩れれば心身にさまざまな不調をきたします。
女性の体はバストアップ以外にも女性ホルモンの影響を多大に受けているのです。

女性ホルモンの分泌量が減る原因

乳腺の小ささや脂肪の少なさは遺伝によるもので、バストサイズに影響しますが、女性ホルモンのバランスが不安定になることでもバストアップが難しくなることがわかりました。
でも、それではなぜ女性ホルモンは減少してしまうのでしょうか?

日常生活

女性ホルモンは脳からの伝達によって分泌される、とてもデリケートなものです。
したがって日常生活からの影響も受けやすいです。
乱れた食生活や睡眠不足、そして間違ったダイエットなどは体に負担となって、女性ホルモンの分泌量が減る原因になります。
バストアップを目指すならバランスのよい食事、十分で質の良い睡眠などを心がけましょう。

体の冷え

食事にも気を付けているし、規則正しい生活も送っているのにバストアップがなかなかできあい、という女性の盲点が冷えです。
女性ホルモンは血流によって全身に行き渡るので冷えで血流が悪化するとホルモンの停滞にもつながります。
特に、卵巣は脳の指令を受けて女性ホルモンを作り出す器官であり、冷えるとバストだけでなく全身へ悪影響を及ぼすでしょう。

冷たい物を飲食せずゆっくりバスタブに浸かるなどの工夫が必要です。
その他にもストレスは自律神経を見出し女性ホルモンの分泌量減少を招くので、ストレスのない規則正しい生活を送ることがバストアップの第一歩であると言えそうです。

(まとめ)バストアップに遺伝は関係あるの?

1.バストの大きさを決めるのは遺伝だけではありません

バストの大きさを決めるのは遺伝的要素だけではありません。
遺伝も関係はしますが、その他にも毎日の食事や運動などの生活環境や、女性ホルモンの分泌量が大きく関係し、バストの大きさに影響を与えます。

2.バストサイズと遺伝の関係

バストの大きさは30~40%の割合で遺伝するといわれています。
したがって、バストサイズが小さい原因は必ずしも遺伝によるものではなく、工夫しだいでバストアップも可能であるといえます。

3.バストサイズを決める遺伝以外の要素

女性のバストは遺伝的要素以外では、女性ホルモンの影響を大きく受けます。
エストロゲンは女性らしさを作る卵胞ホルモンで、妊娠前後の女性の乳腺も発達させ、バスが大きくなります。

4.女性ホルモンの分泌量が減る原因

女性ホルモンが減少する原因にはまず食生活や睡眠などの日常生活の乱れがあります。
冷えや過度のストレスもバストアップに悪影響を及ぼします。
規則正しい生活がバストアップへの第1歩になると言えるでしょう。

by PMK-Management|2016.3.25|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。