エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

50代のバストアップはどうすればいい?

女性のアップ

50代の女性のバストアップではバスト周辺の皮膚や筋肉のケアが大切です

若いころは美しかったはずのバストなのに50代になった今、たるみやしぼみが気になる…という方は多いのではないでしょうか。

加齢によるバストのたるみは仕方がないことですが、バスト周りの肌や筋肉のケアを日常に取り入れることである程度のバストアップも可能です。

また、バストアップのためのストレッチを毎日おこなうことで、大胸筋が鍛えられ、バストの型崩れの防止ができます。

年齢を重ねるとバストがたれる原因

バストのハリは年齢とともに失われます。バストアップの悩みとは無縁であった若いころは、高い位置にあったはずのバストトップも、50代になると低くなっていきます。これは、バストを支えるクーパー靭帯や大胸筋が50代には衰えてしまっていることが原因です。

激しい運動や姿勢の悪さ、ノーブラでの長時間の上下運動などによって一度切れると再生不可能なクーパー靭帯。50代になると新たなクーパー靭帯をつくる能力も低下しているのでたるみは進みバストアップが難しくなります。

さらに、加齢とともにバスト表面を覆っている肌も老化していきます。肌のハリ・弾力を保つ組織であるコラーゲンやエラスチンも老化により減少することで、バストの皮膚にもハリがなくなりたるみが目立ちます。

こうして、バストは内側と外側から次第に老化が進んでいくのです。一度たれてしまったバストをもとの位置に戻すのは難しいのですが、50代からバストアップを考える女性は多いです。

バストの老化進行の流れ

50代になると、ある日突然自分のバストの老化に気づくことが多いようです。毎日見ている自分のバストだからこそ、日々どのように衰えていくのかは自分ではわからないものです。

では、50代でバストアップに悩む女性のバストは、どのように老化していくものなのでしょうか?

バストの老化は通常、まずはバストの上の部分から始まると言われています。時期には個人差があり、老化のスピードは個人で異なるので一概には言えませんが、30代からバストの老化は始まると考えられています。

はじめに胸の上の部分のボリューム感が失われていきます。それにともない、乳首の位置、いわゆるバストトップの位置も下がっていきます。

さらに年齢を重ねるなどして老化が進行すると、たれたバストは外側に流れて、乳首は外側に向くようになります。こうなると50代女性の多くはバストアップの必要性を真剣に考え始めます。ただ、完全に下垂したバストをもとの位置に戻すのは難しいのです。

しかし、クーパー靭帯の再生は難しくてもバストを支える筋肉を鍛えてバストアップすることは可能です。また、エステでバストケアをおこなうことで、バストを美しく見せることもできます。

筋肉を鍛えてバストアップ

50代からのバストアップでは、バストを支える筋肉を鍛えることで、若々しいバストを取り戻すのがよいでしょう。バストのすぐ下にある大胸筋と、バストの内側にありバストを釣り上げている小胸筋を鍛えれば、バストのたるみのカモフラージュが可能になります。

さらに、50代になると猫背ぎみな方が増えてきますが、やはり筋肉の衰えが原因にあります。猫背はバストのたるみの原因になります。バストアップのためには首肩~背中を覆う「僧帽筋(そうぼうきん)」を鍛えるのもおすすめです。姿勢が良くなるために必要な筋肉なので鍛えれば背中はまっすぐになります。

また、上腕~肩の部分を覆う三角筋を鍛え、胸を広げながらバストを上に支える力をアップしましょう。ここで簡単にできるエクササイズをご紹介します。

肩を回す

手のひらを肩の上に載せます。胸を張って肘で大きな円を描くように、内回しと外回しをそれぞれ20回ずつおこないます。これは大胸筋のトレーニングになります。

肘を開閉する

背中をまっすぐにして、両肘を胸の前でゆっくりとくっつけて開く、この動きを10回繰り返します。50代からは筋肉を味方につけたバストアップを目指しましょう。

バストアップクリームも用いる

50代からのバストアップでは、バストアップクリームを取り入れることもおすすめです。

ただ、20代や30代の女性と同じようなバストアップクリームを使用しても、あまり効果的とはいえません。

バストアップクリームは年齢に応じたタイプを選ぶようにしましょう。以下、3つのポイントをご紹介します。

  • 50代の方の口コミが多いもの
  • ハリやツヤ出しに効果的な成分が配合されているもの
  • 女性ホルモンを補ってくれる成分が配合されているもの

バストの老化を抑えるためにも、ぜひこれらのポイントを意識してバストアップクリームを選んでみてください。

ナイトブラ着用の検討を

バストの負担を徹底的に軽減し、たるみの対策をおこなうのならナイトブラの着用もおすすめ。ナイトブラは寝ているときのバストの動きを制限し、外部の刺激や重力の影響を防いでくれます。また、脂肪が背中や脇に流れてしまうリスクも抑えられます。

ナイトブラはタイプによって働きが異なります。50代からは特に寄せ上げる力が強いナイトブラを選ぶとよいでしょう。そうすることで、年齢による下垂対策につながります。

バストのたるみに悩んでいる方は前向きにナイトブラの着用を検討してみましょう。

【まとめ】50代のバストアップはどうすればいい?

1.50代の女性のバストアップではバスト周辺の皮膚や筋肉のケアが大切です

50代になると、加齢によるバストのたるみは目立ち始めます。これは、バスト周辺の筋肉や肌のケアを行い、バストアップのためのストレッチなどを行うことである程度予防が可能です。

2.年齢を重ねるとバストがたれる原因

50代になるとバストを支える大胸筋やクーパー靭帯が衰えてくるためにバストはたるみ始めます。さらに、バスト周辺の肌や筋肉のハリがコラーゲンやエラスチンなどの加齢による減少で失われることで、バスト表面の老化も進んでしまうのです。

3.バストの老化の進行の仕方

バストの老化は個人差がありますが30代から始まると言われています。まずバストの上部から老化は始まりボリューム感がなくなり、バストトップの位置が下がってたるみは進行します。状態が進めばバストが外側に流れ乳首が外側に向いてしまいます。

4.筋肉を鍛えてバストアップ

50代からのバストアップは、バストのすぐ下にある大胸筋とバストを上から引っ張っている小胸筋を鍛えることがおすすめです。また、バストのたるみを引き起こす猫背を改善するための筋肉のトレーニングも効果的でしょう。

5.バストアップクリームとナイトブラの使用の検討を

50代からのバストアップではバストアップクリームやナイトブラの使用もおすすめ。日常生活に取り入れてみることを前向きに検討してみましょう。

by PMK-Management|2016.3.25|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。