エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

バストのたるみの原因って?

風を受ける女性
乳が出やすいほうの乳房でばかり授乳すると、そちらがどんどん大きくなってたるみやすくなります。一方、授乳しないほうはどんどん小さくなっていきます。大きさが偏らないにするためにも左右バランスよく授乳していきましょう。

妊娠中は運動不足になりやすいことから、出産後しばらくしてからエクササイズを過剰に行なってしまう方が多いです。しかし、それがたるみの原因となることもあります。授乳中の女性は体力が消耗しやすい状態にありますし、授乳で発達した胸腺は傷みやすくなっているため、過剰な運動は傷みにつながります。エクササイズはムリをしないように行なうようにしましょう。

また、出産後のバストのサイズは大きく変化することもあるので、下着のサイズにも気をつけましょう。ちょっとした配慮がバストのたるみを食い止めるのです。

(まとめ)バストのたるみの原因って?

1.バストのたるみの原因は加齢だけではありません

加齢とともに気になりはじめるバストのたるみですが、その原因は年齢によるものだけではありません。クーパー靭帯が伸びたり、切れたりといったことのほか、不規則な生活習慣によるホルモンバランスの乱れ、下着のサイズなど複数の要因が重なって起こることが多いです。

2.バストのたるみ防止は日常の意識が大切

バストのたるみを食い止めるためには、まずクーパー靭帯が伸びたり、切れたりしないように注意します。たとえば、激しい運動の際にはスポーツブラをするなどの配慮が必要です。そのほかにも日常生活を見直すことでたるみの防止が可能になります。

3.出産後のバストのたるみ対策

女性は出産の前後で体に大きな変化が訪れますが、バストも同様です。授乳は左右の乳房で行ない、産後のマッサージやエクササイズは胸腺を傷つけないように慎重に取り組んでください。ちょっとした配慮がたるみを食い止めることになります。

by PMK-Management|2016.3.25|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。