エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKバストアップコラム

バストアップを産後にするにはどうしたらいい?

ひよこ

バストアップはお早めに

産後の体型の乱れは、多くの、否、ほとんどの女性の悩みとなるものです。
しかし、こうした美容上の悩みは産後まもない体調の乱れや赤ちゃんのお世話の忙しさによって放置され、後回しになりがちです。
そのため、いざ落ち着いてからバストアップや体型戻しを始めても、手遅れになってしまう可能性もあります。
産後は誰もがバストや体型が変わってしまうことを認識しておき、手遅れにならないうちからバストアップの工夫をしておくことが必要です。

バストアップのためには、授乳のために最大級に大きくなったことによる皮膚と胸の組織の負担を軽減、改善することが大切になります。
それを始めるのは早い方が良いので、卒乳後と言わず、授乳中、妊娠中から予防のためのケアをしても良いくらいです。
マッサージやエクササイズを行い、卒乳後のバストのたるみを軽減しましょう。

産後は人生最大のバストのサイズダウンの危機

女性の身体は妊娠、出産に際して大きな変化を遂げます。
女性ホルモンの働きなどで体の内外で変化しており、体型の変化も大きなものとなります。
特にバストの大きさ、ハリは急激な変化を見せるもので、妊娠から出産、授乳期にかけて最大級のサイズとなり、その後の卒乳で急激なサイズダウンとなります。
卒乳後のバストのサイズダウンは、人生最大級とも言えそうなくらいであり、女性としてはショックなことでしょう。

この変化の原因となるのはもちろん、赤ちゃんの存在です。
妊娠によって胎児が育つにつれて、お母さんの身体は子供を育てるのに必要な機能を備えていきます。
出産から授乳期にかけては、母乳を作る機能が活発になり、乳腺が発達して母乳が貯まることでバストはパンパンになります。
その後赤ちゃんが母乳を必要としなくなると乳腺の活動は衰えていき、およそ1年間で小さくなり元に戻っていくと言われています。

この大きな変化の中で負担となっているのが、それを物理的に支えてきたバストの皮膚と「クーパー靭帯」です。
クーパー靭帯はバストの乳腺と脂肪を吊り上げるように支えており、一時的な乳腺の発達で伸ばされます。
皮膚も急激に伸ばされており、これらは乳腺が再度小さくなった時に当然、緩みます。
産後のバストがしぼんだようになって垂れるのは、この緩みが原因です。

産後のために早めにバストケアを始めて

産後のバストのサイズダウンやたるみに対応するためには、早めの予防と対策が大切です。
妊娠中から授乳中は、赤ちゃんのことで頭がいっぱいになり、自分の体にまで考えが及ばないでしょうが、綺麗なママであり続けるためには必要なことです。
出来る範囲で出来る時から始めましょう。
妊娠中から産後の授乳期には、バストは授乳のためにパンパンになっています。
その負担を改善するためには、毎日のバストのスキンケアが大切です。
これをすることによって、急激なバストの膨らみによる皮膚の負担を減らすことが出来るでしょう。
また、授乳後は本格的なバストアップのためのケアの開始のタイミングです。
ここからは本気のバストケアでハリのあるバストを目指していくことになります。
マッサージやエクササイズなども取り入れて、バストの内側のたるみにも働きかけていきましょう。
産後すぐにバストケアをすることは大変です。
卒乳後にたるみを感じるまで放置していたという人もいるでしょう。
その場合でも、その時から始めるケアによって改善することはできます。
バストのたるみを感じたら、諦めずにケアを始めることが大切なのです。

マッサージとエクササイズを駆使して

産後のバストアップの方法としては、マッサージとエクササイズが効果的です。
マッサージは皮膚とクーパー靭帯を引き上げるために役立ちます。
マッサージの時に保湿効果や美容成分を与えるローションなどを使うと肌の美しさもアップします。
また、エクササイズでは、胸の筋肉を鍛えてバストの垂れを防ぐ筋トレが良い効果を与えるでしょう。
何事も日々の積み重ねが大切です。

バストアップのマッサージ

バストアップのマッサージは、引き締め効果や美容成分のあるマッサージクリームなどを使って行います。
特にバストを支えているバストトップから上の皮膚を集中的にケアしてあげましょう。
その下にあるクーパー靭帯にも意識を向けて、しっかりと引き上げるイメージで行います。
バストの上部分の皮膚は引き上げるように下から上へマッサージします。
さらにバストが横に広がらないように脇からも引き上げるようにマッサージすると効果的です。

大胸筋を鍛えるエクササイズ

大胸筋はバストを支えている根底にある筋肉です。
これを鍛えて垂れを防ぎます。
大胸筋のトレーニングには腕立て伏せが最適です。
床で行うのが辛い場合には、壁に手をついて腕立てを行うことで同様の効果が得られます。
また、手を胸の前で合掌して、両手を脇から強く押す動作も大胸筋を鍛えます。

(まとめ)バストアップを産後にするにはどうしたらいい?

1.バストアップはお早めに

産後のバストアップのためには、早めのケアが必要です。
妊娠中や授乳中からケアを行って、バストのたるみを予防しましょう。
皮膚と胸の組織の負担を軽減することが大切です。

2.産後は人生最大のバストのサイズダウンの危機

産後のバストには急激な大きさの変化による負担がかかります。
そのため、一時的に皮膚や靭帯が伸びてたるみ、卒乳後にバストが元の大きさに戻った時に垂れてしまうのです。

3.産後のために早めにバストケアを始めて

バストアップのためには、予防のためのバストケアが大切です。
大きくなったバストを支える皮膚のスキンケアで負担を減らします。
卒乳後はマッサージやエクササイズも行って、たるみの解消を目指しましょう。

4.マッサージとエクササイズを駆使して

産後のバストアップのためには、毎日の継続的なケアが大切です。
バスト周辺のマッサージやエクササイズを通して、バストの皮膚や靭帯、筋肉を集中的に引き締めてあげましょう。

by PMK-Management|2016.2.10|安全なバストアップのために

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。