エステサロンPMKの豊胸・脱毛・フェイシャル・痩身・ブライダルエステ

最高級のおもてなしサロンPMK メニュー▼

PMKインフォメーション

美容の豆知識

  1. サイトトップ >>
  2. スタッフが教える-美容の豆知識
  3.  >>バストと女性ホルモンの関係性について

バストと女性ホルモンの関係性について

更新日: 2019/08/21

皆さんこんにちは!THE SLIM PMK銀座店です。

本日はバストについての豆知識をお話ししていきます。

バストを大きくするためには‘女性ホルモン‘が深く関わってきます。

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」があり、一定のリズムでそれぞれの分泌量のバランスを変えて働きかけています。

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは乳腺組織に作用します。

エストロゲン ⇒ 乳腺を増やす働き

プロゲステロン ⇒乳腺を発達させる働き

乳腺とは赤ちゃんに母乳を作る役割をしていてバストのボリュームや形に大きく影響します。この乳腺を守るようにして上に脂肪組織がついています。そのため、エストロゲンの働きによって乳腺が増えると、その分周りには脂肪がつきます。それほど乳腺と脂肪の関係はとても深く、乳腺の発達とともに綺麗にバストサイズも比例しておおきくなっていきます。

バストの大きさは、遺伝的な要素もありますが、生活習慣によって女性ホルモンの分泌が正常に行われていなかったことも原因のひとつとして考えられます。

また、プロゲステロンによって乳腺が発達することで、バストにハリが出ます
よく、月経前や妊娠中にハリを感じるのは、プロゲステロンの働きが優位になっている時期だからです。

このように女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」は、女性らしいバストを作るために欠かせない存在となるのです。

では恋をする以外にも女性ホルモンを活性化する食べ物をご紹介していきます。

・大豆、納豆、豆腐等の豆類

・チョコレート
チョコの香りを嗅ぐと快楽物質のドーパミンが体の中で放出されます。
又、カカオにはカフェインとテオプロミンが含まれており、カフェイン(興奮作用)とテオプロミン(精神安定作用)の働きがある為と言われています。

・アーモンド、カボチャ、アボカド
食材に含まれるビタミンEが女性ホルモンと似た働きをします。
美容ビタミンとも言われています。

ビタミンEや、イソフラボンの一日の摂取量は決まっています。
是非、日常生活に取り入れてみて下さい♪

他にも、生活習慣を見直すことも大切です。良質な睡眠をとること。栄養のとれた食事。規則正しい生活。ストレスを溜めすぎないことも大切ですのでたまにはリフレッシュしてゆっくり休んで下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PMKはどなたでもお気軽にご相談いただくために、強引な勧誘を排除し料金の明確化を徹底しております。
まずはお得な初回トライアルエステをご体験下さい!エステ相談のみも受け付けております。ご予約はウェブまたはお電話にてお待ちしております。